吉祥寺スーリヤ接骨院

三鷹・東京・武蔵野市支持率NO.1アクセスも抜群!

   


軽いぎっくり腰の最善の治療は深層筋療法で即日緩和可能です

短時間での軽いぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰は腰痛の捻挫で炎症を起こしている状態なので、冷やすことを考えます。冷やすことは痛みの感覚を麻痺させるだけなので実は温めると治りが早くなるのです。
ぎっくり腰の治し方のひとつは腰を温めることです。ぎっくり腰は炎症があり痛みを感じますが、炎症は悪い部分を修復するために治そうとして体が作業をしている状態で、痛みを発生させて自然治癒を行なっている状態です。冷やすと体は自然治癒力で治す作業の痛みを麻痺させるため、自然治癒力を抑制してしまいます。温めると自然治癒力を促進して治りが早くなります。
短期間でのぎっくり腰の治し方は、動けないほど激痛がある場合は、痛みを感じにくい寝方で安静にします。痛みが治まってきて少しでも動けるようになったら、貼るタイプのカイロなどで患部を温めます。ただし、患部を触ってみて痛みのない所と比較して熱を感じる場合は粗熱をとるために冷やします。温めることで痛みが増す可能性はありますが、これは体が自然治癒しようしている作業なので心配はいりません。
ぎっくり腰になると安静にして寝たままになるケースがありますが、安静にしすぎても良くありません。激痛がある場合は安静になり、少しでも痛みが和らぎ動ける状態になったら、無理せずに日常生活をすることは大切なことです。

ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる腰痛に終止符を打つ”手技となります。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

電話:0422-27-6505

治療インターネット予約はこちら

ご相談・申込はこちら

ぎっくり腰、腰痛治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

間違いのないぎっくり腰の治し方

腰は身体の中でも負担のかかりやすい部位です。痛めてしまった場合には治し方に気をつけなければいけません。
ぎっくり腰になってしまった時は、まず安静にすることが大切です。ぎっくり腰の初期段階は、筋肉や骨などの組織が傷ついて炎症が発生している状態です。まずは組織の再生を促すことを考えましょう。仰向けになり膝を曲げて、腰への負担を減らし安静にします。症状が重い場合には氷水などで冷やしたり、湿布を貼るなどして過剰な炎症を抑えるようにします。
組織が再生し痛みがやわらいできたら、次は腰を健全な状態に戻していきます。痛みの再発を恐れて長期間じっとしていると筋肉が硬直し、かえって腰への負担を増やしてしまいます。血行を促進させるため、少しずつ腰を動かしていきましょう。急な運動はぎっくり腰を再発させてしまうのでいけません。
四つん這いになり腰をゆっくりと回す運動は骨盤の歪みを正し、腰の筋肉の緊張をほぐすのに最適な運動です。一日数分間、実行するだけでも症状が和らいでいくのを感じられるはずです。痛みがさらに少なくなったら、ウォーキングや軽いストレッチなども取り入れるようにします。
ぎっくり腰は再発も多い症状です。治し方を工夫するだけではなく、生活習慣を改善し身体を作りかえることも考えましょう。

ぎっくり腰の治し方、対処法

ぎっくり腰とは、正式には「急性腰痛症」といい突然起こる腰の痛みのことをいいます。
ぎっくり腰の原因は、突然の負担で発生してしまいます。重い荷物を持ち上げたり、大きく体を捻る、くしゃみをしたときになどに起こるなどさまざまな原因で起こってしまいます。一番問題は一度痛めてしまうと、何度も繰り返して発症してしまうことです。
ぎっくり腰の治し方としては、基本的に数日は楽な姿勢で安静にしておき再発を防ぎます。とくに痛めた部分はサポーターなどで動かさないようにしていきます。腰に炎症がおこっていることが考えられるため温めずに湿布などを使って冷やした方が良いとされています。痛みが和らいだら鍼灸医院やカイロプラクティックなどを利用することで治りを早くすることができます。それでも痛みが続く場合には深刻な病気も考えられるため、整形外科などで診察してもらうことをおすすめします。
治し方は安静にしておくことが基本ですが、再発を防ぐためには体操をして腰の柔軟性を保ったり、左右の負担の偏りを防いで、重い物はゆっくり持ち、腰を反らさないで原因が筋力不足であることも多いため無理の無い範囲で痛めた部分の周辺の筋肉を鍛えることなども効果的です。

軽いぎっくり腰になった時の症状

いきなりグキッとくるのがぎっくり腰ですよね。ぎっくり腰になってしまったときに、なるべく早く痛みを抑えたいというのが誰しも思うところではないでしょうか。

治し方や痛みの抑え方として、一番最初に思い浮かべるのが安静にすることだと思いますが、少しずつでも動かしてあげたほうが痛みが引くのがはやいです。ただ、痛いのを我慢したまま普段どおりの生活をしてもよくなりませんので、少しずつ動くということを意識してみましょう。

動く前の最初の一歩として、痛みが一番少ない体勢を見つけてあげましょう。痛みが起きた直後は、脳が腰の痛みを敏感に感じとっているため、余計に痛みを感じてしまいます。
なので、脳をリラックスさせるために手を当ててあげたりすると脳が筋肉を通じてリラックスしてきますので、痛みが緩和されてきます。手を当てて少し痛みが治まってきたら、少しづつ動いていきます。急に動くことは大変危険ですので、動かせる所から少しずつ動かしていきましょう。ぎっくり腰は腰まわりの筋肉が固まっておきるので、ある程度動けるようになったらぬるめのお風呂につかるのも効果があります。
このように少しずつ動かす、筋肉をやわらかくしてあげるなどで痛いが緩和されますので、急なぎっくり腰になられた方は試してみてくださいね。自宅でできる治し方でしたが、我慢できないほど痛いという場合は、早めに診察を受けるのがよいですね。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  おすすめ記事

腰痛とは
腰椎椎間板ヘルニアの症状と最善の治療法は深層筋療法です-吉祥寺スーリヤ接骨院

目次1 辛い症状の腰椎椎間板ヘルニアとは2 腰椎椎間板の構造3 腰椎椎間板ヘルニアの原因4 症状の期間5 椎間板ヘルニアの最善の治療法6 椎間板ヘルニアの病院での治療法7 代表的な治療法8 ブロック注射について9 手術について10 術後のリハビリ11 …

mgikuri
坐骨神経痛を即日緩和させる治療法とは

目次1 マッサージ、注射、湿布などの治療方法では坐骨神経痛は改善しません2 坐骨神経痛とは3 坐骨神経痛の最善の治療法4 坐骨神経痛の症状5 坐骨神経痛の原因と予防法6 原因7 予防法8 病院での治療法9 リハビリについて マッサージ、注射、湿布など …

腰痛とは
とにかく明るい安村、ネタ原因でぎっくり腰に!ぎっくり腰の原因、解消法と治し方

ぎっくり腰は正式には急性腰痛症と呼ばれるもので腰痛症状の一つとして知られています。椎間板ヘルニア、腰椎分離症、すべり症など、「腰痛」にはたくさんの種類があります。今回はぎっくり腰に絞ってお話したいと思います。