吉祥寺スーリヤ接骨院

三鷹・東京・武蔵野市支持率NO.1アクセスも抜群!

    2016/01/26


即効性のぎっくり腰の治し方が今、注目されている!

ぎっくり腰の治し方が今、注目されている!

年をとるたびに【ぎっくり腰】になる可能性は増えていきます。腰に負担がかかる仕事であったり、年とともに体の柔軟性や筋力の低下などがみられるからです。しかし今の時代、考え方は少し変わってきました。
ぎっくり腰がおこる原因に【心の問題が関係しているのではないか】という報告があり注目を集めています。現代の治し方は次のように記載されています。まず【初期治療にリハビリを行う】ことがすすめられています。2年という期間を経て改善の見込みがない場合、手術が適応されるという考え方です。また従来のように【安静にする】という治し方は変わり、現代では【痛みを抱えたまま日常生活を維持する】となってきています。今はその考え方の方が早期回復につながるとされているのです。また今、研究されている内容の中には、【心からくる影響】も記載されています。つまり不安や恐怖、悲しみ、怒りなどのストレスが脳に悪影響を与え、ぎっくり腰の発症率をあげること。また慢性化させること。そして再発率もあげる要素になっているといわれています。
従来の考え方は、痛みのある腰部にアプローチしていくのが通常でした。今は痛みを感じている脳にアプローチすることで【ぎっくり腰】を改善させていくのです。痛みを和らげ脳の働きを活発にしていくことが早期回復のポイントになるのです。

軽いぎっくり腰の治し方について

ふと気を緩んだ時に突然として起こるぎっくり腰は、実際になってみるとあまりにも痛くてその場から動くことはできず、仕事中や作業中などではまったく仕事ができなくなるほどの問題になる状態です。ぎっくり腰になってから考えてみても余裕も一切なく対処ができる落ち着きはなかなか保てないと思います。そのため事前に治し方というのを理解していると、冷静な対応も可能になるかもしれません。そこでどういったぎっくり腰の治し方があるかをご紹介します。まずはぎっくり腰になった直後は痛みが強すぎて動くどころではないため、痛みが少ないような姿勢にしその状態で安静にすることです。時間としては数時間から半日で、それ以上は寝ているよりも活動を開始しはじめて大丈夫です。ずっと寝続けているよりは日常生活を開始したほうが改善につながります。あとは急性の腰痛に対して温湿布は効果があると言われています。冷やすほうの湿布は痛みが引くような気持ちになれるかもしれませんが医学的な結果は出ていないので温かいほうを使います。痛み止めの薬を飲むことは効果が高く、もし痛みがひかないなら病院のお薬を利用したいところです。ほとんどの人が完治するまでにだいたい1週間から2週間で解消します。

ぎっくり腰の治し方知っていますか

ぎっくり腰を経験した方、年齢を重ねるにつれ多くなっていくのではないでしょうか。
そもそも、なぜぎっくり腰になるのかということからはいるのですが、重い荷物を持ったり、常に仕事柄重たいものを抱えることがある方に多いのではないかと思います。
日頃の積み重ねということが多いのではないでしょうか。
その他にも、身体の筋肉量が少ない方や、骨が歪んでいるということもぎっくり腰の原因になることもあります。
なってしまったものはしょうがないのですから、治し方を知り、再発を防ぐことが大切になります。
その治し方ですが、まず、筋肉を程よくつけることです。
日頃から歩くなどの軽い運動をすることが大切です。
次に骨のゆ歪みをただすことが大切になるのではないでしょうか。
整体で骨の位置を調整してもらったり、日頃から立つとき、歩くときの姿勢に気を付けたりということが大切です。
いま、ぎっくり腰という方は、とにかく安静にして腰を休めましょう。
痛み止めを使って腰を酷使すると、痛み止めが切れた時の痛さは増加し、さらに治癒を妨げてしまいます。
とにかく、いたわるということを頭に入れ、自分の身体を過信しすぎないようにしてください。
若い時とは違ってきていますよ。

日常生活でなるぎっくり腰の治し方について

ぎっくり腰のつらさはなったことがある人でしたら、そのつらさは十分理解できるものです。ひどい場合は、全く動けなくなるほどの激痛が走ります。でも現代人は忙しく仕事をしていますので、なんとか早く治したいと思います。ではどのような治し方がいいのでしょうか?激痛が走っているときは、とにかく安静にするしかありません。そんなときに無理やりマッサージをうけても、かえって悪化させるだけです。我慢して5日安静にすれば少しずつ動けるようになってくるので、そうしたら日常のことを少しずつやっていくだけで回復に向かいます。さらには、少し動けるようになったら、筋肉を動かすマッサージをうけたり、鍼治療を受けるのも、効果的といわれています。また、一度治ったとしても、ぎっくり腰は癖になるとも言われています。そのため、日ごろからヨガをやったりストレッチをしたりして大腿部から腰の筋肉を柔軟に保つように心がけることが、ぎっくり腰にならないことになります。さらになったとしても、軽いぎっくり腰程度ですみますから、治し方もそんなに大変ではないのです。さらには、重たいものを持つ時も、しっかり足を下ろして、踏ん張るようにして腰の負担を考えて持つのが大切です。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  おすすめ記事

接骨院
ぎっくり腰(急性腰痛症)になったら最善の応急処置方法

目次1 急激な痛みに襲われるぎっくり腰の応急処置2 ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法3 治療料金4 ご相談・申込はこちら5 ぎっくり腰になったら6 ぎっくり腰の治し方は、安静だけではありません 急激な痛みに襲われるぎっくり腰の応急処置 ぎっくり腰は …

コルセット
簡単!ぎっくり腰のコルセットを使った治し方

目次1 ぎっくり腰の予防策にはコルセット2 コルセットも必要なくなる深層筋療法について3 コルセットの正しい使用法は痛む部分を中心にベルトを装着4 腰痛ベルトとコルセットでぎっくり腰を予防 ぎっくり腰の予防策にはコルセット ぎっくり腰とは、正式には急 …

マッサージ
激痛がはしる突然のぎっくり腰になったら

目次1 突然激痛が起こるぎっくり腰の治し方2 ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法3 治療料金4 ご相談・申込はこちら 突然激痛が起こるぎっくり腰の治し方 現代人は運動不足の人が増え、それに伴い腰痛で悩む人も増えています。腰痛は、ひどい状態では立ち上が …