ぎっくり腰、腰痛治療なら吉祥寺スーリヤ接骨院

三鷹・東京・武蔵野市支持率NO.1アクセスも抜群!

   


脊柱管狭窄症の原因と即日緩和可能な治療法について

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、腰の部分で起こる病気で、脊髄の通っている脊柱管が狭くなり、神経が慢性的に圧迫されている状態をいいます。神経が圧迫されることで、脊柱管が狭くなっている部分に痛みが起こったり、下肢に痛みやしびれが出ると言った症状が出ます。また、この脊柱管狭窄症の特徴的な症状として、安静にしているときはそれほど症状が強くなく、歩き続けたり立ち続けたりしていると下肢に痛みやしびれが現れて歩けなくなり、しばらく休むと症状が改善すると言ったことがあります。症状が進行すると下肢の力が落ちたり、肛門の周囲にほてりを感じたりします。尿の出が悪くなったり、逆に尿漏れを起こしたりすることもあります。

脊柱管とは

そもそも脊柱管とは、背骨に囲まれた管状の空間のことを言います。背骨は椎骨と呼ばれる骨が積み重なってできています。この椎骨は椎体と椎弓と呼ばれる部分からできていて、その間に椎孔と呼ばれる空間があります。この空間が積み重なってできているのが脊柱管です。脊柱管の中には神経や血管が通っています。脊柱管が狭くなることでこの神経や血管が圧迫され、症状として腰痛や下肢のしびれや痛みなど、様々な症状が現れるのです。

脊柱管狭窄症の原因は

脊柱管が狭くなる原因は、脊柱管を構成する組織の変形です。すなわち椎体や椎弓が変形したり、椎体と椎体の間にある椎間板が変形を起こしてしまうのが原因です。椎弓と椎弓の間にある靭帯が原因の場合もあります。変形が起こるのは老化現象の一つで、年を取れば多かれ少なかれ脊柱管は狭くなってしまいます。また、生まれ付き脊柱管が狭い先天性の場合もあります。

脊柱管狭窄症の最善の治療法

深層筋療法

脊柱管狭窄症の病院での治療法

腰の違和感が強くなったり、腰痛が続くようであれば整形外科を受診するのがよいでしょう。足のしびれなどの症状があれば、腰部脊柱管狭窄症を疑います。検査では問診と身体的所見、神経反射や知覚異常の有無、筋力を調べることで診断を行います。また、歩き続けたり立ち続けたりすることで痛みやしびれが生じるかどうか見たり、痛くなるまでに歩ける距離や時間を調べたりもします。腰を反らすと症状が悪化するか否かも判断の材料になります。この他、画像診断も行います。画像診断ではX線検査、CT検査、MRI検査を行います。X線検査では骨の形や骨のずれの有無、骨折や側弯の有無などをチェックしますが、これだけでは脊柱管狭窄症であるかどうかの判断はできません。最も重要なのはMRI検査で、狭窄の有無や程度を確認することができます。MRI検査でもはっきりしなかったり、ペースメーカーや閉所恐怖症など、MRI検査が利用できない場合は、検査入院の上で脊髄造影検査が必要となります。

脊柱管狭窄症の治療法

治療法には大きく分けて保存療法と手術療法の2つがあり、重症の場合を除いで保存療法を行います。保存療法は更に薬物療法、理学療法、神経ブロック療法の3つがあります。その患者さんの生活や症状の程度に合わせて治療方法を決定することになります。

薬物療法

薬物療法は内服薬を利用し、症状の軽減を図ります。主に消炎鎮痛薬、筋弛緩薬、ビタミンB12、プロスタグランジンE1製剤などを用います。消炎鎮痛薬は痛み止めで、貼付薬や外用薬も含まれます。筋弛緩薬は筋肉の動きを緩める薬です。痛みがあると筋肉が反射的に収縮し凝った状態になり、それが長く続くと痛みが強くなる為、その緊張を和らげるために使います。ビタミンB12は末梢神経障害を改善してくれます。プロスタグランジンE1製剤は、神経に伴走する血管の血流を良くします。脊柱管が狭くなると神経が圧迫されるだけではなく、その神経の周りを走っている血管に血流障害が起こります。血管を広げることで血流量を増やし、流れを良くします。これにより、歩き続けたり立ち続けたりすることで出る痛みを抑えたり、しびれを改善したりすることができます。

理学療法

理学療法には牽引療法、温熱療法、超音波療法、体操療法などがあります。牽引療法とは引っ張ることで骨同士の圧迫を軽減したり、ズレを強制したりすることができます。温熱療法は温めることで血管を拡張し、循環を良くします。超音波療法は、超音波の音と振動エネルギーを利用し、手の届かない体の深部の筋肉や関節のこわばりを取ることを目的とします。また、超音波が体に吸収される際熱が所持るため、温熱作用で血行が促進されます。運動療法は体の一部または全部を動かすことで症状の軽減を目指します。この理学療法は症状の軽減が実感しやすいとされていますが、症状が軽くならない場合や悪化した場合は直ちに中止する必要があります。

神経ブロック療法

神経ブロック療法とは、局所麻酔を注入することで神経を麻痺させ、痛みを取る方法で。薬物療法で効果が出なかったり、痛みがひどい場合に行います。神経ブロック注射を行っても痛みが引かない場合は神経に原因がないということなるため、治療だけではなく診断の材料にもなります。
保存療法で効果がなかったり、非常に痛みが強かったり、日常生活に支障が出ている場合は手術を行うことになります。医師と十分に相談をしたうえで、自分に合った治療方法を選びましょう。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  おすすめ記事

mgikuri
坐骨神経痛を即日緩和させる治療法とは

目次1 マッサージ、注射、湿布などの治療方法では坐骨神経痛は改善しません2 坐骨神経痛とは3 坐骨神経痛の最善の治療法4 坐骨神経痛の症状5 坐骨神経痛の原因と予防法6 原因7 予防法8 病院での治療法9 リハビリについて マッサージ、注射、湿布など …

no image
ぎっくり腰が完治するまでの期間はどのくらい?15分で歩いて帰れます

目次1 ぎっくり腰の治し方について2 ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法3 治療料金4 ご相談・申込はこちら ぎっくり腰の治し方について ちょっとした動作で腰に電気が走ったような痛みが走り、そのまま動けなくなってしまうぎっくり腰は思いがけない時に起き …

腰痛とは
とにかく明るい安村、ネタ原因でぎっくり腰に!ぎっくり腰の原因、解消法と治し方

ぎっくり腰は正式には急性腰痛症と呼ばれるもので腰痛症状の一つとして知られています。椎間板ヘルニア、腰椎分離症、すべり症など、「腰痛」にはたくさんの種類があります。今回はぎっくり腰に絞ってお話したいと思います。