ぎっくり腰、腰痛治療なら吉祥寺スーリヤ接骨院

三鷹・東京・武蔵野市支持率NO.1アクセスも抜群!

   


腰椎椎間板ヘルニアの症状と最善の治療法は深層筋療法です-吉祥寺スーリヤ接骨院

辛い症状の腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の中にある髄核が神経に作用して炎症を起こし、痛みを引き起こす病気です。人間の神経は運動するために脳から手足などの各所に指令を伝える運動神経と、身体からの熱さ、痛みなどの知覚情報を脳へと伝える知覚神経があります。脊椎の下、腰の部分にある腰椎は全部で5個あり、神経はこの5個の腰椎が縦に並んでいる脊柱管の中に入っています。
これらの腰椎を繋ぐのが靭帯と椎間板と呼ばれる骨のクッションです。椎間板はかなりの弾性があって腰椎を支える役割と衝撃を吸収する役割を担っていて、腰椎にある程度の可動範囲があるのもこの椎間板のおかげです。

腰椎椎間板の構造

椎間板は外縁部分を構成する線維輪という部分と、中心部にある髄核という粘性の物からできています。ところが線維輪が弱く細くなって全体として歪んだり、線維輪が切れて中の髄核が出てしまい、後ろにある神経に影響して痛みや麻痺などが起きるのが腰椎椎間板ヘルニアと呼ばれるものです。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

椎間板が破損したりダメージを負う原因は人により色々ありますが、もともとこの組織自体は加齢で老化しやすいものです。また生物学的に言えば人類は四足歩行から二本足歩行に移行したため、腰椎にかかる負担が大きくなった事がその大きな原因であると考えられます。患者の年代的には50歳代がピーク、男性の方が女性の2倍の数の患者がいます。
ですが、症状が出る原因は単に椎間板の摩耗による神経の圧迫ではありません。手術の際にヘルニアのなかった神経根を道具で圧迫しても痛みは起こらないため、神経が圧迫されることだけでなくその部分に炎症が起こって痛みを引き起こしていると考えられます。椎間板ヘルニア治療は、患部の炎症をとることがその主眼です。

症状の期間

症状は腰痛や、ぎっくり腰に似た痛みが数日続き、続いて下肢に激しい痛みが生じます。痛みは激烈なものが多く満足に動けずに眠れない程の症状に襲われます。痛みは2週間程度でピークを迎える事が多く、その後は下肢で鈍痛があり徐々に和らいでいきます。重度の時には痛みが両足に及ぶ他、排尿排便に傷害が出る事もあります。

椎間板ヘルニアの最善の治療法

深層筋療法

椎間板ヘルニアの病院での治療法

治療法ですが、昔はヘルニアは自然には戻らないという説がありましたが、近年になって出っ張った部分がなくなったり縮んだりするケースもMRIで確認されています。手術を受けた患者の術後の経過を調査すると、4年後には手術を受けなかった患者と同程度になっていることもわかり、必ずしも手術をする必要があるわけではありません。むしろ手術が必要なものは少数であると言えるでしょう。現在までの研究では腰椎椎間板ヘルニアの8割は自然経過で治るとされています。

代表的な治療法

代表的な治療方法として、消炎鎮痛薬を使う、骨盤にベルトをかけて引っ張る、温めて患部の筋肉の緊張を和らげるなどが挙げられます。保存療法の1つに経皮的レーザー椎間板減圧術という療法があり、これは針を椎間板に刺して先からレーザーを照射して部分的に蒸発させて治療するものです。レーザーそのものにも消炎鎮痛効果があり、すべてのヘルニアを治療する事は出来ませんが成功率も高くて副作用もなく、入院も2日前後で済む方法です。

ブロック注射について

殆どは上記の方法で治りますが、それでも治らなければ硬膜という膜に麻酔剤を注入する硬膜外ブロック、レントゲンテレビで確認して腰の神経根に針を刺す神経根ブロックという方法もあります。

手術について

診療ガイドラインではこれら保存療法を3ヶ月間試みた後に症状が改善しない場合、激烈な痛みが繰り返す場合、麻痺が酷い場合などには手術での椎間板ヘルニア切除術を行うように書かれています。
手術では原因となっている部分を除去します。全身麻酔下で背中を切開して飛び出したヘルニアを切除するのが従来の手術ですが、最近は体への負担を減らす新しい方法も考案されています。
局所麻酔下で7mm程度の切開創から内視鏡と専用の手術器具でヘルニアを取り除く方法が多く、3mm程度の切開で、ラジオ波と呼ばれる高周波電流で椎間板を焼き固める方法も登場しました。保険診療外ですが、中等度で実施する例が増加の傾向にあります。

術後のリハビリ

術後は腰椎コルセットを装着して歩行器を用いた歩行訓練を行い、術後は一週間で抜糸、二週間程度で退院となります。腰椎コルセットは術後三週間程度必要ですが、経過が良好なら仕事は一月程度で復帰できるでしょう。
腰痛の多くは日常生活の動作や姿勢によって起きています。

椎間板ヘルニアまとめ

普段から姿勢を正して腰への負担を減らす事、ストレッチで周辺筋肉を鍛える事が椎間板ヘルニアを防ぐことにもなります。物を取る時には中腰をやめて膝を使って取ること、体重を減らして腰への負担を減らすこと、同じ姿勢が続く時には適度な休憩を取ることなど、既にヘルニアを経験された方も再発の予防を考える事が大事です。
尚、ごく稀ですがヘルニアには遺伝的要因もあります。医師に遺伝的な要因を指摘された場合は腰椎椎間板ヘルニアの他にも、首に起こる頚椎椎間板ヘルニアなど、他の部位にも注意してください。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  おすすめ記事

ぎっくり腰
動けないぎっくり腰の最善の治療法深層筋療法で即日緩和

目次1 動けないぎっくり腰の治し方について2 ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法3 治療料金4 ご相談・申込はこちら 動けないぎっくり腰の治し方について ぎっくり腰の治し方はとにかく安静にと言われていました。もちろん、なってすぐの頃は痛みのために動く …

no image
ぎっくり腰は15分で改善します!吉祥寺スーリヤ接骨院【東京・武蔵野市・三鷹・西荻窪】

スーリヤ式深層筋療法は例えばぎっくり腰ならたった15分の施術で、既存の整体のお悩みに多い症状、肩こり、腰痛、五十肩等の症状なら1,2回で改善する技術です。 腰痛は急性(ギックリ腰)でも慢性でも筋骨格系の疼痛であれば基本的に治す方法も狙うべき筋肉も同じ …

ストレッチ3
【なるほど】楽になるぎっくり腰の治し方体操、痛みが即日緩和

目次1 ぎっくり腰の痛みを改善する効果的な体操2 ぎっくり腰体操よりも効果ある深層筋療法について ぎっくり腰の痛みを改善する効果的な体操 ぎっくり腰は辛いものです。早く治すことが何よりですが、身体が痛いため、ゆっくりと痛みをやわらげる努力をすることが …