吉祥寺スーリヤ接骨院

三鷹・東京・武蔵野市支持率NO.1アクセスも抜群!

   


坐骨神経痛を即日緩和させる治療法とは

マッサージ、注射、湿布などの治療方法では坐骨神経痛は改善しません

坐骨神経痛とは

人間の体が前後左右に俊敏に動いたり全身の細胞や臓器が動くのには、全身に張り巡らされている神経が脳からの信号を受け取っているからです。しかし神経というのは動く中枢だけでなく、体のどこかに異常が来たときには脳が神経に働きかけてその部分に対して察知できるように信号を送る機能があります。その信号自体は患部が自己修復力によって組織の炎症が無くなれば送られることが無くなるのですが、しかし自己修復力が年齢によって落ちると患部の炎症が慢性化し痛みが引くことが無いということが増えるのです。その代表格が、現在において40代以上で増えている神経痛の一つ坐骨神経痛と言えます。

坐骨神経痛の最善の治療法

深層筋療法

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛は腰から足にかけて伸びている坐骨神経がさまざまな原因によって圧迫刺激されることであらわれる痛みやしびれなどの症状です。 最初の段階では坐骨の最初の部分となっている腰の神経が圧迫されているので腰痛を発症し、その後腰痛に引き続いて発症し次にお尻や太ももの後ろからすねそして足先などに痛みやしびれがあらわれます。この段階で治療すれば何事もなく再び日常生活に戻れますが、仕事や学業などで時間が無いことによって我慢しその圧迫が限界を超えると神経を完全に押しつぶすことになるので日常生活に大きな支障をきたすことになる麻痺や痛みによる歩行障害を伴うことになります。それだけに腰から足にかけて伸びている坐骨神経が圧迫されることで痛む坐骨神経痛が最終段階にまで至る前に、しっかりと治すことが先決になることからその治療法を熟知する必要があります。

坐骨神経痛の原因と予防法

原因

そもそもが坐骨神経痛が起きる原因の多くは、通常の腰痛と同じく運動不足による肥満と筋肉が固まることによる柔軟性が無くなることで先に言った体を動かした際の負担を腰から足が分散できなくなったことが多いのです。

予防法

そこで初期の段階においての治療法としては、やはり柔軟性のなくなった筋肉をほぐすことが重要となるため坐骨神経痛に適した運動そしてストレッチを行います。運動においては肥満を防止するためにウォーキングがいいのですが、しかし動かなかった体を急激に動かすと逆効果になるので同じ有酸素運動で腰から足の神経を圧迫しないようにプールでのウォーキングをすることで水の抵抗を受けて通常の歩行よりもエネルギーを使いさらには浮力によって神経の負担が無くなります。そのうえで固まった筋肉をほぐす役割から朝と寝る前にストレッチを行うのですが、その方法としては仰向けに寝たら両足のそろえて膝を曲げた後に、曲げた膝を両手で支えて出来る限り胸の位置まで持っていくというストレッチとうつ伏せに寝る状態にした後に同じく足をそろえて固定し上半身だけを上に持ち上げるように反り返るというストレッチを行います。プールによる歩行運動と筋肉を和らげる運動をしながら固まった筋肉と肥満を解消しつつ、患部の炎症を抑えるための細胞活性化として野菜や海藻類を中心とした食生活と固まった血行を促進するために10分以上の35度から40度のお湯に入浴することで初期から中段階の症状を緩和する治療法となります。しかしこれらの治療法はあくまで初期から中期の段階での方法であり、これらの方法を取っても最終段階である神経圧迫が限界を超えたことによる歩行障害を起こすような痛みや患部がしびれて動けない麻痺が進行した時には専門機関による治療が必要になります。

病院での治療法

最終段階にまで進行した時にはレントゲンなど放射線機器で患部を見て神経が完全に圧迫されていることを確認出来たら、その時に病院において入院および手術治療となります。坐骨神経痛での手術には患部を切って圧迫している原因が骨がゆがんでいることが原因なので、その歪んで圧迫している原因である骨を削って神経の圧迫をなくすもしくは固まった腱を削り別の部分から移植することで柔軟性を取り戻すという治療法を行います。過去において皮膚を切って手術するという方法を取るため体へのリスクや切った患部がつながるまでの期間が長いため長期入院が必要だったのですが、現在の治療法では内視鏡やカテーテルなどを使った患部の一部だけを切って機器を挿入して切るもしくは削るという方法を取るので入院する期間が短くなっています。

リハビリについて

そのうえで切った患部がつながるまでの間安静にし、その後圧迫されて機能が落ちてしまった神経を元に戻すためにリハビリを行うことで機能回復させてその後初期段階から中期段階で行う方法を取って完治させます。先に行った通りにこの神経痛を含めて、すべての神経痛は圧迫する原因というのが存在しその中でも特に多いのが姿勢が悪かったりまたは肥満や運動不足による筋肉の硬さです。そこで重要なのが筋肉を増やすことによる体のバランスの崩れを治すこと、そして神経を圧迫することになる肥満を解消がこの神経痛を含むすべての神経痛改善にとって重要な方法であり日常生活の今後の支障をなくすことになります。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  おすすめ記事

腰椎分離症
突然起こるぎっくり腰とは、症状とは期間はどれくらい治る?

ぎっくり腰とは症状からみる対処の方法 ぎっくり腰とは普段の日常生活を送っている中で、何気ない動作をした時に突然激しい痛みに襲われて動けなくなってしまうもので、特別に重いものを持ち上げたり無理な動作をしたと言うことではなく、突然何気ない動作で起こってし …

腰痛とは
とにかく明るい安村、ネタ原因でぎっくり腰に!ぎっくり腰の原因、解消法と治し方

ぎっくり腰は正式には急性腰痛症と呼ばれるもので腰痛症状の一つとして知られています。椎間板ヘルニア、腰椎分離症、すべり症など、「腰痛」にはたくさんの種類があります。今回はぎっくり腰に絞ってお話したいと思います。

変形性脊柱症
ぎっくり腰早期回復方法の深層筋療法でその日に緩和

目次1 ぎっくり腰の治し方について2 ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法3 治療料金4 ご相談・申込はこちら ぎっくり腰の治し方について 重たい物を持ち上げるときに、ふとぎっくり腰のことが頭をよぎる人は多いでしょうが、では実際なってしまうとどうすれば …