ぎっくり腰、腰痛治療なら吉祥寺スーリヤ接骨院

三鷹・東京・武蔵野市支持率NO.1アクセスも抜群!

    2015/12/01


腰部脊柱管狭窄症の治療とは?根本原因を見つけ即日緩和

腰部脊柱管狭窄症の治療とは?

腰部脊柱管狭窄症とはどんな病気かと言いますと、腰部にある脊柱管が狭くなってしまい神経が慢性的に圧迫されて、さまざまな障害が発生する病気になります。

そもそも脊柱管とはどんなものかと言いますと、背骨に囲まれた管状の空間になりまして、背骨は椎骨が積み重なりできており、椎骨は椎体と椎弓の二つからなり、その間に空間があるのですが、それが脊柱管となっているのです。
脊柱管は背骨に囲まれた空間でありますが、人間が生きていくために必要な神経が通っており、また脊髄や血管や神経束など人間には欠かせないものも通っています。
それらを守る役割が脊柱管なのです。

腰部脊柱管狭窄症が起こる原因

腰部脊柱管狭窄症が起こる原因ですが、生まれつき脊柱管が狭い方もいますが加齢によって背骨が変化を起こして、脊柱管が狭くなるケースがあります。
老化によって脊柱管が狭くなることは多々ある現象にはありますが、障害がでるほどまでひどくならないケースもあり、老化現象の一種となっています。
それ以外の原因としては椎間板ヘルニアや変性すべり症などによる椎体、椎間関節や椎弓の変性や椎間板の膨隆、黄色靱帯の肥厚、椎間関節の肥厚変形があります。
もちろん外傷によって腰部脊柱管狭窄症が引き起こされるケースも存在いまして、腰部に負担を掛ければ掛けるほど多く見られる現象になります。

腰部脊柱管狭窄症の症状について

この腰部脊柱管狭窄症が引き起こされるとどんな症状が発生するかと言いますと、まず腰痛や腰部の違和感やハリや重さを感じます。それに加えて足のしびれが伴い、何もしていない状況だと何も感じないけど歩き出すと痛くなったり、しびれたりする現象が起こり、前かがみだと歩けるようになるといった方も多いです。足のしびれに関しては人によって症状はさまざまであり、太腿やふくらはぎまでしびれる方や両側だけ、片側だけしびれるといった場合もあります。
足がしびれてしまうのでどうしても歩けない、足先が持ち上がらない、躓きやすくなる、足に力が入らないといった現象が発生するでしょう。そのような症状の中で悪化してしまうと歩いているだけなのに尿意を催してしまう排尿障害や便秘や会陰部の灼熱感が起こるでしょう。

人によっては腰痛を伴わないケースや頸部や胸部など違った部位まで影響がはせっいする方もいまして、そうなってしまいますと身体全体のしびれや痛みや四肢の運動障害、排尿障害、排便障害などさまざまな障害が発生します。

間欠跛行が腰部脊柱管狭窄症に多く見られる現象ですが、間欠跛行とは歩き始めはなんともないですが、いざ歩き出すと次第に痛さやしびれを伴ってしまい、いずれは歩けなくなってしまう現象のことを言います。
また休んだり、前かがみになると歩けるようになり、また痛くなるといったサイクルになる訳ですが、症状が進んでしまうと歩ける距離が短くなってしまいます。
いずれは立つだけでも痛くなってしまい、安静時には何もなかった足がしびれたり、いたくなったり、反対の足も同じような症状が発生したりします。
このようにさまざまな症状が発生しますので、早期に対策をする必要があるでしょう。

腰部脊柱管狭窄症の最善の治療方法

深層筋療法

腰部脊柱管狭窄症の一般的な治療方法

この病気を治療するためにはどんな事が必要かと言いますと、保存療法と手術療法の二つの方法があります。
基本的には重くない症状の時は保存療法を行ない、保存療法のなかでも薬物療法、理学療法、運動療法、神経ブロック療法といった種類があります。薬物療法は、まず痛み止めでとして貼付薬、外用薬、内服薬などの消炎鎮痛薬を使用して、筋肉に対しても筋弛緩薬などを使用し、末梢の神経障害を改善するためにビタミンB1やビタミンB2、神経に伴走する血管の血流を良くするためにプロスタグランジンE1製剤を使用します。

次に理学療法は、牽引療法、血液循環をよくする超音波療法、筋肉を弛緩する体操療法やマッサージ療法、マイクロ波などによる温熱療法などがあり、腰痛を緩和させる療法が多くなっています。

運動療法はその名前の通りに筋肉を鍛えることによって改善させる方法であり、表面の筋肉である腹筋や大殿筋など、身体の中の筋肉である腸腰筋などほ鍛えていき、骨を支えるための筋肉を強化してくのです。
どの治療方法もそうですが、特に運動療法は理学療法士の指導の下で行なう必要があるかもしれません。

最後に神経ブロック療法ですが、こちらは神経が痛い場所に局所麻酔薬を注射する方法となっており、薬物療法での改善が難しい場合に用いられることが多いです。神経による原因で症状が発生している場合は有効ですが、そうでない場合には意味がないとも言えますが、症状の原因を探る時の診断にも使われるでしょう。これらの治療法でも難しい場合は手術して改善させることになります。

腰部脊柱管狭窄症のまとめ

腰部脊柱管狭窄症になりやすい人は高齢な人になりますが、それ以外にも注意しないといけない人は多いです。
若い人でも重労働をしている人や過去に腰を痛めて経験のある人は注意が必要であり、長時間同じ姿勢でいる人や中年の女性も注意しなければなりません。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  おすすめ記事

腰椎分離症
治りかけのぎっくり腰が再発したら深層筋療法で即日緩和可能です

目次1 ぎっくり腰再発に見舞われた時の治し方2 ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法3 治療料金4 ご相談・申込はこちら ぎっくり腰再発に見舞われた時の治し方 ぎっくり腰とは、急性の腰痛のことで、腰に力が入らずしゃがむのも一苦労という状態になります。こ …

ぎっくり腰治療
ぎっくり腰とは何か?原因から即日緩和可能な解消法教えます

目次1 ぎっくり腰とは何か2 ぎっくり腰の原因は3つの要因3 腰部椎間板ヘルニア4 腰部椎間板症5 腰椎圧迫骨折6 ぎっくり腰最善の治療法7 ぎっくり腰は安静よりも動かすのがベスト8 病院での処方される薬について9 ぎっくり腰の初期対処法10 ぎっく …

腰痛とは
腰椎椎間板ヘルニアの症状と最善の治療法は深層筋療法です-吉祥寺スーリヤ接骨院

目次1 辛い症状の腰椎椎間板ヘルニアとは2 腰椎椎間板の構造3 腰椎椎間板ヘルニアの原因4 症状の期間5 椎間板ヘルニアの最善の治療法6 椎間板ヘルニアの病院での治療法7 代表的な治療法8 ブロック注射について9 手術について10 術後のリハビリ11 …