ぎっくり腰、腰痛治療なら吉祥寺スーリヤ接骨院

三鷹・東京・武蔵野市支持率NO.1アクセスも抜群!

   


変形性脊柱症治療は原因となっている筋肉に対し正しくアプローチ

変形性脊柱症とは

変形性脊柱症は脊柱という背骨を構成する骨が変形したり、ずれたりする病気です。
もし、このような状態になってしまったら、起き上がりや立ち上がりなど、患部を動かすときに激しい痛みが発生したり、痺れを感じたりします。それが重篤になったり、慢性化してしまうと、肩こりなども別の部分にも症状を引き起こす事があります。
また、普段の姿勢でも脊柱が変形していることで、極度に前かがみの姿勢になることもあります。一般的に「腰痛」と言われるものの多くは、この変形性脊柱症が原因であることが多いのです。一旦、発症してしまったら、時間の経過で症状が改善することはまずありません。また、自分はなっていないと思っている人でも、軽度であれば痛みなどの自覚症状が出ないので、気が付かないうちになっている可能性があります。

変形性脊柱症の原因

なぜ、この病気が引き起こされるのかというと、原因として考えられるのは加齢です。脊柱というのは、人の姿勢を支える重要な部分です。その分、体全体の負荷が掛かるので、長年酷使し続けることになります。加齢により、その蓄積されてきた負荷が限界を超えてしまうと、骨の変形が起こります。骨がずれている場合には、背骨を真っ直ぐにしている靭帯が、やはり加齢によって力が衰えてしまうことで、正しい位置を保つことが出来なくなるのです。加齢というと何歳くらいから発症するリスクがあるのかというと、およそ40歳を超えてきた頃になれば、リスクが高まると考えられます。
また、加齢ではなく生活習慣も、大きな要因の一つです。
例えば、肉体労働をする仕事であったり、腰に大きな負担をかけるスポーツをしていると、普通の人よりも、脊柱が変形しやすいことになります。もうひとつ、体の不調が変形性脊柱症を引き起こす可能性として、更年期障害があります。
更年期障害というと、女性が閉経前後にホルモンバランスが崩れることでなりやすくなる症状です。
うつ症状やホットフラッシュ、めまいなど様々な症状が出てくるのですが、そのひとつとして、この病気が出る可能性があるのです。

変形性脊柱症の治療方法

腰痛にもいろいろありますが、この病気と他の病気の区別は、どのようにしてつけるのかというと、一般的にはレントゲン検査で骨が変形しているかを調べます。
特徴となるのは脊椎骨の大事な部分である椎体が、棘のような形になっていることや、脊椎骨同士の間が狭まっていることですから、それらの現象が起きているのかを確認します。それから、どのような動作をした時に痛みがでるのかを問診で尋ね、実際に触診をして状態を確認した結果、他の病気の可能性が排除された時、この病気だと診断されます。

もしも、変形性脊柱症と診断された時には、外科的手術などで骨を元に戻すことは困難です。ですから、いかに痛みを減らすかという対症療法がメインとなります。内服薬であれば非ステロイド性消炎鎮痛剤や筋弛緩剤を投与したり、湿布を貼ったりするのです。それでも、我慢できないほどの痛みを感じた時には、痛みを感じる患部周辺の神経を麻痺させる神経ブロック注射を行います。それと同時に、骨を支える筋肉を鍛えることで、現状よりも悪化しないようにする体操療法も効果的です。
病院のリハビリ科に通って、理学療養士が行う腰痛体操を行ったり、自宅でも毎日腹筋、背筋を続けていくだけで効果が出てきます。

変形性脊柱症の予防

それから、日常生活で痛みを軽減させるものとして、コルセットなどの装具をつけることもやります。
コルセットをつけると、動きが制限されますが、それにより痛みを感じる動作も出来なくなるので、何気なく動いて痛みに悶え苦しむことは防ぐことが出来ます。
冷えも痛みを増幅させる要素になりえますから、特に冬場はカイロや腹巻きなどをして腰部を冷やさないようにしておくことです。外科的手術で、原状回復は無理でも、対症療法では痛みを取り除けないほどに症状が悪化している場合には、手術が行われます。そのような激しい痛みが出ている時には、変形した骨で神経が圧迫されている状態、いわゆる脊柱管狭窄症になっている可能性があるので、問題となる部分の骨を削ったりするのです。

変形性脊柱症のまとめ

脊柱の変形が起こらないようにするのは難しくとも、痛みが出るほど症状が悪化しないようにする予防法はあります。
重要なのは、この病気になるのは脊柱に過度な負荷をかけないこと、また骨や靭帯が衰えないようにすることです。
そのためには、過度な負荷をかけないようにするためには、重いものを持ったり骨に負担がかかるような姿勢で長時間いないことです。
猫背のように悪い姿勢だと、体重が適度に分散されないので、姿勢を矯正するように心がける必要があります。
また、骨や靭帯を丈夫にするためには、骨粗しょう症対策としてカルシウムやビタミンDなどの栄養を十分に摂取すること、あと運動が大切です。運動をするのであれば、風呂あがりだと筋肉のこわばりも消えて、体が柔軟に動くので最適です。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  おすすめ記事

マッサージ
軽いぎっくり腰の最善の治療は深層筋療法で即日緩和可能です

目次1 短時間での軽いぎっくり腰の治し方2 ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法3 治療料金4 ご相談・申込はこちら5 間違いのないぎっくり腰の治し方6 ぎっくり腰の治し方、対処法7 軽いぎっくり腰になった時の症状 短時間での軽いぎっくり腰の治し方 ぎ …

お問い合わせ
ぎっくり腰がすぐ治る最善の治療法深層筋療法で即日緩和

目次1 ぎっくり腰のすぐ治る正しい治し方について2 ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法3 治療料金4 ご相談・申込はこちら5 その場でできる、ぎっくり腰の治し方 ぎっくり腰のすぐ治る正しい治し方について 急な腰の痛みはぎっくり腰と言い、ぎっくり腰にな …

ストレッチ方
効果的なストレッチの方法と注意点

目次1 ストレッチとは2 ストレッチの効果3 効果的なストレッチ方法4 ストレッチは代謝も促す5 肩こりと肩甲骨の関係6 ストレッチの注意点 ストレッチとは スポーツを始める前の準備として欠かせないストレッチは、1970年代にアメリカのスポーツ科学者 …