ぎっくり腰、腰痛治療なら吉祥寺スーリヤ接骨院

三鷹・東京・武蔵野市支持率NO.1アクセスも抜群!

    2015/12/01


坐骨神経痛の原因を理解し最善の治療法で根本改善

坐骨神経痛の原因を理解し治療

坐骨神経痛という言葉は良く聞きますが、実はこれは症状の名前であり病名ではありません。坐骨神経は身体の末梢神経の中でも最も長く太い神経です。骨が重なってできている背骨は身体をまっすぐ支える役割がありますが、その背骨には脊柱管という穴が開いていて、脳から伸びている神経がそこを通っています。脊柱管には神経を守る役割があり、脳から伸びている神経は脊柱の中から枝分かれして身体の各所に向かっています。坐骨神経は腰椎の隙間から出て、骨盤の骨のところから太ももを通って足先の方へとつながっています。背骨も部分によって細かい名称がついているのですが、腰のあたり、腰椎と呼ばれる部分から骨盤の骨から出るまでのどこかで坐骨神経が圧迫や刺激などを受けるために痛みやしびれなどが生じているのです。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状としてはお尻から太もも、ふくらはぎあたりまでの範囲にしびれがあったり、足や腰を動かすと激しく痛みを感じる、安静にしていたとしても腰や足が痛い、長時間立っていると足に痛みを感じて立っていることができない、足に力が入らなくなる、お尻から太もものあたりにピリピリとした刺激が続いている、というようなものがあります。寝返りを打つのもつらく、足の位置を変えてみても痛みやしびれが全く治まらないというケースもあります。これらの症状はどこか一部分だけ感じることがあったり、足全体に感じたり、昨日と今日では痛みを感じる場所や、感じ方が違うということもあるのも特徴です。

坐骨神経痛になる理由

坐骨神経痛になる理由は、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症、腰部脊椎管狭窄症などが原因で、若い人は腰椎椎間板ヘルニア、高齢者になると腰部脊柱管狭窄症、同じ姿勢を長期間取り続けたり、運動によって過度な負担をかけたことが原因となる変形性腰椎症が原因となり発症するケースが多いと言われています。坐骨神経痛というのは症状の名前のため、原因がはっきりした場合には腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などの名前が付きます。この症状は原因がはっきりとわかりやすいものですが、原因が不明の場合には坐骨神経痛という名前が付きます。

坐骨神経痛の最善の治療方法

深層筋療法

touch

坐骨神経痛の一般的な治療

坐骨神経痛の治療としては、まず原因がどこにあるのかを検査を行うことによりはっきりとさせることが行われます。歩いたり、動作を見る、足を持ち上げて力の入り具合を見るなどの検査を行い、腰や足の状態を見ます。また、脊椎の状態を確認するため、レントゲンやMRI、CTスキャンが行われることもあります。検査による原因がわかったら治療を始めます。いきなり手術を行うケースはあまりなく、まずは出来る治療を行い、それでも改善が見られない場合に手術を行います。治療の方法には現在ある痛みなどに合わせた対処療法として、薬の投与が行われます。痛みを軽減するための鎮痛剤や筋肉の緊張により痛みが長引かないように筋肉弛緩剤、末梢神経の血流を良くする末梢神経改善薬などが多く処方されています。また、ビタミンB12などの末梢神経の損傷を修復するビタミンも併せて投与が行われます。他にはコルセットなどで腰を支えて坐骨神経が出て痛みを感じ姿勢にならないようにする方法もあります。しかし長時間コルセットをつけていると腰の筋肉が弱ってしまうため、長時間の使用は医師が止めるケースがあります。患部を温めて血流を良くする温熱療法や、痛みを軽減するけん引療法などの治療が主に行われています。これらの治療を行っても痛みが改善しない場合、神経やその周囲に麻酔薬を注射することで痛みを軽減させる神経ブロック両方が行われます。また、あまりにも症状が酷すぎたり、他の治療法を試しても改善できない場合には、手術を行うこともあります。

坐骨神経痛の予防方法

自分でも、坐骨神経痛の予防と改善を行うことは出来ます。安静にする、重いものを持たない、長時間同じ姿勢をしない、激しい運動を避け、肥満にならないように気を付ける、など、自分で行うことができることもたくさんあります。腰回りの筋肉をつけ、正しい姿勢を保つためにストレッチや軽い運動を行うことも重要となります。さらに腰やその周りを冷やしてしまうと筋肉が固くなり、発症の原因となりかねません。しかし、一人ひとり症状や原因は違うため、自己判断のみでこれらの運動を行うのは悪化してしまう危険性もあります。痛みが改善されない場合には、医師の診察を受けるようにしましょう。

坐骨神経痛の解消法

食事の面からも改善を目指すなら、神経の修復を行うビタミン12の多く含まれているシジミやアサリ、牛や豚のレバー、骨を丈夫にするというイメージがありますが、筋肉の収縮にも欠かせないカルシウムの多く含まれている乳製品、煮干しやひじき、カルシウムの吸収を良くするビタミンDの多く含まれているイワシやサケ、サンマなどを積極的に摂取するのも効果的です。逆に身体冷やしてしまうカフェインの入っているものや白砂糖は控えめにして、身体を温める食材を摂取することで血行が良くなり筋肉の緊張が緩む効果があります。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  おすすめ記事

ぎっくり腰
腰部脊柱管狭窄症の治療とは?根本原因を見つけ即日緩和

目次1 腰部脊柱管狭窄症の治療とは?2 腰部脊柱管狭窄症が起こる原因3 腰部脊柱管狭窄症の症状について4 腰部脊柱管狭窄症の最善の治療方法5 腰部脊柱管狭窄症の一般的な治療方法6 腰部脊柱管狭窄症のまとめ 腰部脊柱管狭窄症の治療とは? 腰部脊柱管狭窄 …

腰椎分離症
ぎっくり腰を早く治す方法で最善の治療法は深層筋療法

目次1 ぎっくり腰の早く治す方法について2 最善の治療法の深層筋療法3 治療料金4 ご相談・申込はこちら ぎっくり腰の早く治す方法について 重たい物を持ち上げるときに、ふとぎっくり腰のことが頭をよぎる人は多いでしょうが、では実際なってしまうとどうすれ …

no image
ぎっくり腰が完治するまでの期間はどのくらい?15分で歩いて帰れます

目次1 ぎっくり腰の治し方について2 ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法3 治療料金4 ご相談・申込はこちら ぎっくり腰の治し方について ちょっとした動作で腰に電気が走ったような痛みが走り、そのまま動けなくなってしまうぎっくり腰は思いがけない時に起き …