吉祥寺スーリヤ接骨院

三鷹・東京・武蔵野市支持率NO.1アクセスも抜群!

    2015/12/01


突然起こるぎっくり腰とは、症状とは期間はどれくらい治る?

ぎっくり腰とは症状からみる対処の方法

ぎっくり腰とは普段の日常生活を送っている中で、何気ない動作をした時に突然激しい痛みに襲われて動けなくなってしまうもので、特別に重いものを持ち上げたり無理な動作をしたと言うことではなく、突然何気ない動作で起こってしまうため誰にでも起こる可能性があるのがぎっくり腰です。ぎっくり腰の症状としては腰部に痛みが起こり、内臓疾患などではなく、レントゲン写真を確認しても特に異常が見られない急性腰痛です。突然の激痛で動けなくなる症状が起こるぎっくり腰は医療機関では腰推捻挫や筋、筋膜性腰痛症と診断されます。その後の症状としては重く張ったような感じや、だるい感じの痛みが続いて慢性化してしまうこともあります。原因となる要因には色々なものがありますが、中腰で物を持ち上げたり、急に立ちあがろうとしたとき、前かがみになった時、なにかの拍子に腰をひねったときなどに起こりやすいとされていて、筋肉や神経、関節への急激な負荷がかかったり、過度の緊張や疲れなどが原因で起こることが多いですが長時間同じ姿勢や無理な姿勢でいたり、筋肉疲労が溜まったり、女性の場合には生理の際に骨盤や背骨の靭帯が緩んでしまうことが原因となることもあります。また日ごろの運動不足や肥満、全身の疲労などによって腰の筋肉の血行が悪くなってしまうことで筋肉疲労を起こすことも原因になります。ぎっくり腰を起こしてしまった場合にはまずは安静にすることが大切です。このとき楽な姿勢を取るようにして、無理に体を動かさないようにしましょう。痛む部分を冷やすと炎症を抑えることができます。ただし冷やしすぎると痛みが強くなる場合があるので注意しましょう。足にしびれがあるなど腰の痛みの他にも症状がある場合には何らかの病気が原因の可能性もあります。その場合は早めに医療機関を受診することが大切です。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  おすすめ記事

変形性脊柱症
脊柱管狭窄症の原因と即日緩和可能な治療法について

目次1 脊柱管狭窄症とは2 脊柱管とは3 脊柱管狭窄症の原因は4 脊柱管狭窄症の最善の治療法5 脊柱管狭窄症の病院での治療法6 脊柱管狭窄症の治療法7 薬物療法8 理学療法9 神経ブロック療法 脊柱管狭窄症とは 脊柱管狭窄症とは、腰の部分で起こる病気 …

変形性脊柱症
ぎっくり腰を早く治すには深層筋療法が最善です

目次1 ぎっくり腰を早く治すには2 ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法3 治療料金4 ご相談・申込はこちら5 ぎっくり腰の効果的な治し方 ぎっくり腰を早く治すには ぎっくり腰は突然起きるので、本当に辛いものです。重いものを持った時になる場合もあります …

ぎっくり腰治療
ぎっくり腰とは何か?原因から即日緩和可能な解消法教えます

目次1 ぎっくり腰とは何か2 ぎっくり腰の原因は3つの要因3 腰部椎間板ヘルニア4 腰部椎間板症5 腰椎圧迫骨折6 ぎっくり腰最善の治療法7 ぎっくり腰は安静よりも動かすのがベスト8 病院での処方される薬について9 ぎっくり腰の初期対処法10 ぎっく …