ぎっくり腰、腰痛治療なら吉祥寺スーリヤ接骨院

三鷹・東京・武蔵野市支持率NO.1アクセスも抜群!

    2016/11/10


即効性のあるぎっくり腰の治し方、予防法ストレッチについて

応急処置のぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰は年末やお正月に起こしやすいのは、帰省や親戚まわりなどであまり動かず、こたつなどに長時間座っているなど、座り続けることが多くなるためです。また座椅子などに足を伸ばし、もたれて付割る座り方は腰に負担がかかるため、ぎっくり腰になりやすいのです。
ぎっくり腰になると痛くて動けない状態になり、仕事だけではなく日常生活にも支障があります。ぎっくり腰の治し方を知ることで、急な状態でも楽に動けるようになります。
ぎっくり腰の治し方は、ぎっくり腰になった直後は激しい痛みのために動くことができない状況になります。この場合はベッドなどに横になり、痛みの少ない姿勢で安静にします。安静にしていても、痛みの様子をみながら日常的な活動ができるようであれば動ける範囲で動くことがポイントです。横になって安静にしていて痛みを悪化させることもあるのです。数時間から半日は横になりベッドで様子をみて、落ち着いたら動ける範囲で活動します。
これらの治し方は急なぎっくり腰の応急処置には有効な方法ですが、安静にして動けるようになったら病院を受診することも良い選択です。予防も必要で、日頃から腰の周辺や背筋などを鍛えておくことも大切です。

ぎっくり腰は安静より適度なストレッチが効果的

ぎっくり腰とは急性腰痛症とよばれるもので、急な動きや重い物を持った時などに腰部に激痛がはしり、動けなくなってしまう症状のことです。これから寒さがきびしくなり、動かない事が多くなります。ぎっくり腰は特に年末年始にとても多く発生しています。なってしまうととても痛くて動けないので生活に支障がでてしまいます。そんなぎっくり腰にならないためにも、今回は予防策として、簡単なストレッチとそして万が一なってしまったときの為にも治し方を紹介したいと思います。

ストレッチ方

急に起こるぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰は急性腰痛の代表的な症状のひとつで中腰で何かを持ち上げようとしたときや、急に立ちあがろうとしたとき、前かがみになったときなど何気ない動作を行なおうとしたときにいきなり腰に激痛が走って動けなくなってしまうのがぎっくり腰の特徴です。ぎっくり腰が起こる原因としては筋肉や神経、関節への急激な負荷や過度の緊張や疲れなどがあげられます。ぎっくり腰の治し方としては、ぎっくり腰が起こったら無理に動かそうとせずにまずは安静になれる場所に移動しましょう。できれば横になれるような場所が良いです。一般的な治し方としては患部を冷やすようにするとされていますが、症状によって治し方が異なります。患部を触った時に患部があつく熱を持っているようであれば氷嚢やビニール袋に氷水を入れたものなどで冷やすようにします。この場合は急いで冷やすようにすることで痛みを軽減することができます。患部が熱を持っておらず、痛みだけが起こっている場合には冷やすのではなく患部を温めるようにします。そうすることで患部の血行を促進して筋肉の緊張などを和らげることができるようになるため痛みが軽減します。

代表からの挨拶

1_dm

治療料金

深層筋療法40分
4000円税抜き→初回限定3,000円

唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。治療院に行き「一向によくならない。または以前よりも痛みが強くなっている」なぜか・・・
痛みの原因となっている”根本的な問題”に対し正しい治療が出来てない為です。痛みの原因に対し、正しい施術さえすれば、症状は簡単に改善します。

深層筋療法60分
6000円税抜き→初回限定4,500円
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。「どうせどこもの治療院も同じだろう・・・」
そう思っている方にこそ、スーリヤ式深層筋療法の違いを実感して頂きたいと思います。

プロアスリートからの推薦

お客様の声

ストレッチと併用すると格段の効果がある深層筋療法について

深層筋

まずは軽いぎっくり腰の治し方です。

仰向けに寝て、両膝を90度に曲げます。そのまま両膝をつけたまま左右にゆっくり倒します。なるべく痛くない方にゆっくりと曲げて起してを3回ずつ繰り返します。痛くない程度にゆっくりとです。痛みが酷い場合は無理をせず中止してください。
最後に足をまっすぐ伸ばし深呼吸をし、リラックスしてください。これを3日ほど続ければ症状が改善します。

ストレッチ1

ぎっくり腰にならない為の日頃からできるストレッチを紹介します。

正座をして両手を前の方に出来るだけ伸ばし、ゆっくりと体を前の方に倒していきます。息を吐きながら痛くないところまで曲げて、止まったところで深呼吸を3回繰り返します。背中と腿の筋肉が伸びるのを感じてください。
次に仰向けになり膝を抱えます。その状態のまま深呼吸を3回してください。たったこれだけでぎっくり腰の予防になります。
少し腰に違和感があったり、軽い痛みがある時もこの方法で治すことができます。
日々の何気ない生活のなかでも簡単にできることがあります。
腰痛の発生する原因を解消して、自力で痛みを解消する体操、ストレッチと治し方、是非試してみてください。

ストレッチ3

ぎっくり腰の治し方はどんなの?

ぎっくり腰は突然やってきますね。立とうとした時、何か物をとろうとしたときなど起こるのです。突然やってくるぎっくり腰はどうやって治せばいいのか説明しましょう。一番は安静にしとくことが大切ですが仕事や家事におわれて寝たきり状態で安静にしておくことは難しいでしょう。少しでも緩和するためのぎっくり腰の治し方を紹介します。ストレッチの治し方なのですがまず仰向けになります。そして両足を膝を抱えるような状態になるように曲げてください。そして左右に両膝を倒していきます。腰を痛めているほうはやりにくいでしょうから痛めてない方の方向に倒してください。体をひねる運動をするのです。このストレッチを時間をかけてゆっくりと何度か繰り返して行います。伸びの運動をすると効果的なのです。ぎっくり腰になったら腰はかたまった状態です。ずっとかたまった状態でいるとどんどん動かなくなっていきます。少しずつですが元の状態に戻すようにストレッチを行ってください。ストレッチをするときは床が痛くないようなところでしてください。カーペットの上などが最適な場所です。ぎっくり腰を防ぐことが大切ですがなってしまったら仕方がありません。最善の方法を実践して痛さから少しでも開放されましょう。

ぎっくり腰の予防法にはストレッチしたり膝を使って腰の負担を軽減する

それほど激しい動きをしたわけでもないのに、ある日突然腰に激痛が起こる、それがぎっくり腰の特徴です。多くの場合は一週間ほどで痛みの症状は和らぐのですがぎっくり腰を発症した直後は息をするのさえ痛みがあって辛いほどの症状に悩まされます。痛みの中心の部分と言うのは人によって少しずつ違うのですが、ぎっくり腰は腰を支える部分の働きが低下したとき起こりやすいと言う共通点があります。腰に限らずあらゆる部分は筋肉や筋などさまざまな組織によって支えられています。そうした腰を支える組織の働きが弱まると腰部への負荷がどんどん上がることとなり、筋肉に血行不良が起こります。
そのためぎっくり腰の予防法として大切なのは血行を改善して筋肉の緊張をほぐしてあげるようにすることです。座りっぱなしや立ちっぱなしの姿勢を続ける人は筋肉の血行が滞りがちになるので、一定期間ごとに少し歩いてみたり軽くストレッチをするなどして腰を動かして筋肉に刺激を与えるようにすることがおすすめです。特に一日中仕事でデスクワークの前かがみになる姿勢をとり続ける人は、骨盤が前傾して腰の周囲の筋肉が固くなり、その結果姿勢が悪くなって筋肉の疲労を起こしやすくなります。同じ姿勢を続けるときには意識して途中で効果的なストレッチなどを取り入れるようにすることが最良の予防法に繋がります。
また腰にダイレクトに負担がかからないように膝と股関節を上手に使うことも、ぎっくり腰の予防法としてはとても有効です。重いものを持ち上げる動作は特に腰に負担をかけてしまいがちです。そんなときには膝のばねを上手に活用してたとえば床のものを持ち上げるときにも片膝をつけてしゃがんで荷物を持ってからゆっくりと立ち上がるようにすることで、腰にかかる負担を分散することができます。

整形外科や整骨院でのぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰になると立ち上がれなくなる場合があります。その場合は、そのまま横になってしばらく安静にしていると徐々に症状は回復してきます。腰の痛みのある部分を氷水などで冷やすと回復が早くなります。軽い症状の場合は特に問題はありませんが、痛みが治まらない時には整形外科の病院に通院することが必要です。
軽い症状のぎっくり腰は、腰の周辺の筋肉を痛めたことが原因の場合が多く、このタイプのぎっくり腰は時間が経つと自然治癒しますので、病院に通院する必要はありません。痛みが長引く場合には、椎間板ヘルニアの可能性がありますので、速やかに整形外科を受診します。
整形外科の病院でのぎっくり腰の治し方は、まずは腰の部分のレントゲン撮影を行い、腰痛の原因を特定します。痛みがひどい場合には、神経ブロック注射を腰に打つと痛みは治まります。ぎっくり腰の治療は整骨院でも可能ですが、神経ブロック注射ができるのは医師だけですので、痛みがひどい場合には、整骨院よりも整形外科の病院に通うことが望ましいです。
整骨院でのぎっくり腰の治し方は、薬や外科手術ではなく、手技療法によって治療を行います。整形外科の病院とは異なる方法で治療が受けられますので、整形外科に通っても治らなかったぎっくり腰が治ることもあります。

自宅で出来るぎっくり腰の治し方

ある日突然襲ってくる「ぎっくり腰」性別や年齢に関わらず、誰にも起きる可能性のある症状ですが、仕事や学校を休んで病院に行き治療に専念する事が難しい場合に、自宅で簡単に出来るぎっくり腰の治し方を紹介します。

ぎっくり腰の原因は、急激に負荷がかかることにより腰の筋肉が萎縮してしまい、そこに痛みの原因になる物質が溜まることが一番の原因です。ですから、筋の緊張を和らげることが痛みを解消する方法です。ですから、次のステップとしては患部を温めながら、筋を伸ばしていきます。一番簡単なのは床や布団の上に正座をして、ゆっくりと息を吐きながら前かがみになっていく方法です。椅子の上でも出来ますがここで気を付けなければいけないのは「息を止めない」でゆっくり、くりかえし行うことです。筋を傷めないよう注意しながらこの治し方を実施して下さい。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  おすすめ記事

坐骨神経痛
坐骨神経痛の原因を理解し最善の治療法で根本改善

目次1 坐骨神経痛の原因を理解し治療2 坐骨神経痛の症状3 坐骨神経痛になる理由4 坐骨神経痛の最善の治療方法5 坐骨神経痛の一般的な治療6 坐骨神経痛の予防方法7 坐骨神経痛の解消法 坐骨神経痛の原因を理解し治療 坐骨神経痛という言葉は良く聞きます …

変形性脊柱症
脊柱管狭窄症の原因と即日緩和可能な治療法について

目次1 脊柱管狭窄症とは2 脊柱管とは3 脊柱管狭窄症の原因は4 脊柱管狭窄症の最善の治療法5 脊柱管狭窄症の病院での治療法6 脊柱管狭窄症の治療法7 薬物療法8 理学療法9 神経ブロック療法 脊柱管狭窄症とは 脊柱管狭窄症とは、腰の部分で起こる病気 …

no image
ぎっくり腰は15分で改善します!吉祥寺スーリヤ接骨院【東京・武蔵野市・三鷹・西荻窪】

スーリヤ式深層筋療法は例えばぎっくり腰ならたった15分の施術で、既存の整体のお悩みに多い症状、肩こり、腰痛、五十肩等の症状なら1,2回で改善する技術です。 腰痛は急性(ギックリ腰)でも慢性でも筋骨格系の疼痛であれば基本的に治す方法も狙うべき筋肉も同じ …