ぎっくり腰、腰痛治療なら吉祥寺スーリヤ接骨院

三鷹・東京・武蔵野市支持率NO.1アクセスも抜群!

    2015/12/01


即日緩和可能なぎっくり腰の治療法と対処法について

ぎっくり腰の治療法、対処法は深層筋療法が最良です

ぎっくり腰は適切な治療と対処を行えば早期に改善します。又、ぎっくり腰は「安静にする」のではなく、ある程度動けるようなったらストレッチや軽い運動していった方が治りが早いのです。今回は、ぎっくり腰を早く改善する為の治療法をご紹介します。ぎっくり腰の痛みから早期に開放され普通の生活に戻りましょう。ぎっくり腰とは正式には急性腰痛症と呼ばれる疾患で、腰に突然強い痛みが発生します。「魔女の一撃」と呼ばれる事もあり、その痛さは本当につらく身動きが取れなくなる場合が多いです。
ぎっくり腰が起こる原因は腰に不意に強い力が加わる事で発生するのが主で、特に腰にひねりが加わると発生確率が高くなります。ぎっくり腰の治療法の最善の対処法をご紹介致します。

ぎっくり腰原因

touch

ぎっくり腰の3つの共通点について

ぎっくり腰の人が知らずにやってしまうぎっくり腰の3つの共通点があります。

ぎっくり腰

体が低体温や冷えている人

筋肉は緊張し硬くなります。筋肉が硬くなると、血液を送るためのポンプの役割を果たす筋肉の柔軟性が低下し血流が悪くなり、血流が悪くなると低体温や冷えなども起こります。この状態で急に動くと、腰の筋肉がびっくりしてぎっくり腰になります。

長時間同じ姿勢で仕事をしている人

体を動かさないことにより、一部の筋肉に負荷をかけ続けることになります。この状態を続けると、筋肉は緊張し血液循環は悪くなり血液循環が悪くなると、体の細胞に酸素や栄養分を十分に供給できなくなり、負担をかけている部分にこりや痛みが発症します。

骨格・骨盤の歪みのある人

骨盤が歪むと、左右の手足の長さが変わってきます。そして、体の一部に負担がかかり、体の中心部でもある腰にも負担がかかります。そのため、腰の筋肉が疲労し、全体的に筋肉疲労が起きて緊張して硬くなり、血流も悪くなり症状がでます。以上3つがぎっくり腰の共通点です。

対処法等について

突然発生する炎症で、発症すると腰に強い痛みを感じる事になります。その痛みはとても強く、大人の男性ですら動けなくなる事も少なくないです。ぎっくり腰の原因としては不意に腰にかかる強い負担等があり、例えば重い荷物を持ち上げた時等に発症します。ぎっくり腰になってしまった場合の対処法としては、まずは患部を動かさないように安静にする事が大切です。その上で保冷剤等を使って患部を冷やして、炎症を落ち着かせるようにします。この時に患部を温めてしまうと炎症を悪化させるので、くれぐれも間違えない事が大切です。ただし患部を長い時間冷やし続けると凍傷の可能性が出てくるので、数分冷やしたら一度止めるという方法を繰り返すのが良いです。もしも家に腰のサポーター等がある場合には、それを使って腰を固定するのも有効な対処法と言えます。しばらく安静にして落ち着いてきたら、慌てずにゆっくりと行動して病院を受診するようにします。

ぎっくり腰を解消する6つの方法

なんとも言い表せない痛さがあります。そこでぎっくり腰を解消する6つの方法をあげます。
まず、腰に負担をかけないことが大事です。そこで、

1、ダイエットをあげます。

体重が重いとそれだけ腰に負担をかけますので、ダイエットは有用です。

2、筋肉を鍛えることをあげます。

筋肉が十分に発達していれば、腰を支えることができます。

3、体の柔軟にすることをあげます。

ぎっくり腰はちょっとした動きに対応できなくてなることもあります。体操やストレッチなどで体を柔らかくすることで対応の範囲を広げます。また、ぎっくり腰を解消すには体を温めるということも重要です。

4、お風呂にゆっくり浸かることをあげます。

血行がよくなり、体が温まるのはもちろんのこと、体もほぐれます。

5、ストレスの解消をあげます。

ストレスがあると血行が悪くなり、体も硬くなってしまいますので、ぎっくり腰になりやすくなります。

6、マッサージです。

こりをほぐすというのはとても効果のあることです。つぼを刺激するのもよいので、針なども効果があります。

症状と対策

日常生活での何気ない行動によりぎっくり腰になることがあるのです。
ぎっくり腰になる要因は様々で、くしゃみ、前かがみになる、急に立ち上がろうする、中腰で物を持ち上げる、腰を冷やしてしまうことなどで発症するのです。
ぎっくり腰になると、症状として腰に激しい痛みが走り立ち上がることができない状態になることもあります。椅子に座れなかったり、体を反らすことができない為安静にしている必要があります。痛みのある側を上にして横になり、患部を冷やすようにするといいでしょう。歩けるようになったら整形外科で診てもらうようにしましょう。ぎっくり腰だと思い込んでいても、違う病気になっている可能性もあるのです。東京でぎっくり腰を治す医院もあります。自己判断せずに診察してもらうことが大切です。
ぎっくり腰は一度かかると、何かのきっかけで再び起こりやすいので予防方法を知っておくといいでしょう。治療法として日頃から姿勢に気をつける、ストレスをためない、適度な運動をする、コルセットをする、冷えにきをつけるなどはぎっくり腰を予防する為の対策です。

病院に行く前の6つの注意点

無理な体勢で動かさない事や腰に負担を掛けた歩き方をしない事等、ぎっくり腰の症状で痛みが走ったりすると特に病院に行く前の6つの注意点を考えながら対応していく必要が在ります。
まずは腰も冷やすのか温めるのかによって症状に対する対応も違ってくる状況となり、腰の痛みなどで病院を選ぶには整骨院などでもある程度はその痛みに対しての対応が出来る所もあり、病院に行く状況であればMRI検査などでレントゲンを撮ってそこで圧迫している骨が神経を押しているなど確認する事となります。ヘルニアなどのケースも当然存在していて、腰痛やぎっくり腰の症状で病院に行く前の6つの注意点としては、その症状を勝手に決め付けないでまずはプロの方のアドバイスを受ける状況など考えてそれぞれの対応を受けると良いでしょう。病院に行く前の6つの注意点でも色々と順序だてて病院での対応を受ける事が出来る様です。

治療院

9つのぎっくり腰治療法

腰痛は人間が二足歩行をするようになったことでのデメリットであると考えられます。上半身を支えるために下半身への負担が大きくなってしまうためです。男性、女性共に腰痛に悩まされている人はとても多いです。ぎっくり腰は急激に腰に負担を掛けてしまった時に起こってしまいます。その痛みは日常生活に支障をきたしてしまうほどつらい激痛を伴います。今回はもしもぎっくり腰になってしまった時のぎっくり腰治療法9つの方法を紹介します。

ぎっくり腰治療

1、食事量を減らすこと

2、体をなるべく冷やさないこと

3、夜は早めに就寝すること

4、ストレスをためないこと

5、ストレスをうまく発散させること

6、体を温めること

7、徐々に体を動かしていくこと

8、ストレッチの習慣をつけること

9、腰回りの筋力を強化することです。

日々少しだけ気をつけることで容易に実践できることかと思います。できることならば避けたいぎっくり腰ですがもしも発症してしまったならば普段の習慣と適切な対処方法で回復へとつなげたいものです。

保険治療が適用できます。

突然発症して腰に激痛が走るという腰痛の総称であり、その原因はさまざまです。ぎっくり腰の強い痛みは、組織自体が傷ついた痛みもありますが、急性期の痛みの原因は、損傷した組織を守るために筋肉の緊張が強まったり、筋肉のけいれんが起きることが、主な要因であることが多いです。ぎっくり腰の治療は、保険適用ができますので、ぎっくり腰の保険治療を行っている接骨院に通院することをおすすめします。ぎっくり腰になったら、早めに接骨院を受診することです。インターネットで、ぎっくり腰の保険治療を行っている病院を検索してみると、口コミで評判の良い病院がたくさん出てきます。保険適用の内容については、病院で説明してくれますので、心配はいりません。しっかりと説明を聞いて、納得した上で、治療を受ける方が、後々、治療費の心配もしなくて済みます。ぎっくり腰は、ぎっくり腰の保険治療を利用して、安心して治療することが大切です。

治療は口コミが目安になります

腰痛を患うことは、人間が背負った宿命と言われるほどに、よく発生する症状です。そうした腰痛のうちで、ぎっくり腰は急性の腰痛の総称として、現在でも広く知られています。ぎっくり腰の多くは、骨や神経に異常のない、軟部組織由来のものが、ほとんどを占めています。そのため、ぎっくり腰治療の方法は、とてもたくさんの種類のものが存在しているのです。
しかし、数が多いということは、それだけ決定的なものがないことの、裏返しでもあります。結果として、実際にぎっくり腰を患いますと、どの治療を選択すべきかを、迷うことがあるのです。また、ぎっくり腰は強い痛みを伴うので、治療の選択するべきか、不安になり易くもあります。そうした時に治療の選択の目安になることが多いのが、いわゆる口コミになります。
ぎっくり腰は口コミが大事な理由は、治療を受けた人によるものなので、説得力が高いのです。したがって、ぎっくり腰の治療を行う際は、細心の注意が必要になります。

症状や予防等について

腰に突然炎症が起きてしまうという症状で、腰に強い痛みを感じます。主な原因としては腰に不意に強い負担がかかる事が挙げられ、例えば急に重い荷物を持ち上げた時等に発症しやすいです。それ以外にも腰をひねるという動作も、思っている以上に強い負担がかかるので注意が必要です。
ぎっくり腰の症状の特徴は腰の強い痛みで、発症すると大人の男性でも身動きが取れなくなる事も珍しくないです。そのため立ったり座ったり、歩いたり等の動作が不可能になるので、日常生活に支障をきたしてしまいます。

予防対策に力を入れる事も重要だと言えます。ぎっくり腰の予防対策としてはストレッチが代表的で、特に就寝前に行なうのが効果的です。例えば仰向けに寝た状態で片方の膝を立てて、もう片方の膝に両手を組んでかけて少しずつ胸に近付ける等があります。このストレッチをすると腰が伸びて、固まっていた筋肉をほぐす事が出来ます。他にも前かがみの姿勢に注意する事や、長時間同じ姿勢でいる事を避ける等も有効な予防策です。

意外と知られていないぎっくり腰の時してはいけない事

ひねったり重い物を持ち上げた時などに起きる突然の腰痛、いわゆるぎっくり腰はそのあまりの痛みから全く動けなくなってしまうこともしばしばあります。
出来る限り早く動けるようになりたいものですが、実は良いと思っていても逆にぎっくり腰の時してはいけない事ということも少なくありません。基本的にはぎっくり腰というのは炎症を起こしている状態であり、出来る限りその炎症を起こしている部分を刺激しないで安静にすることが大切です。そこで間違えやすいのが患部を温めてしまうということです。体を温めるというのはよく行われる治療方法ですが、ぎっくり腰の場合は逆に行ってはいけないことなのです。炎症が進んでしまい痛みも激しくなってしまうことがあります。温感湿布ではなく冷却湿布を使うことが大切です。また、温めるのが逆効果になるということは血行を促進する効果のあるお風呂も控えるのが無難です。同じようにサウナに入ることも患部を温めることになってしまうので注意しましょう。

ぎっくり腰の腰痛にはいくつかの対処法があります。

ぎっくり腰を起こす前は、血液の循環が悪くなって足が冷たくなります。便秘をして足が冷たくなると注意が必要です。もともと腰痛などの症状がある方は、状態が悪くない時に、腰をゆっくり回すストレッチなどをする事がぎっくり腰の対処法になります。ヘルニアなどは、骨が左右にずれているのではなく、ねじれのずれがあります。なので体をねじるストレッチを行う事でも対処法になります。またスクワットなどを行い、筋肉をつける事も大切になります。これらの事をする事でかなりの予防になります。また腰痛がひどい場合は冷たいものは、出来るだけ食べたり飲んだりしない事も重要です。湿布の薬は、漢方の湿布薬があります。水で練って湿布をするのですが、これは薬局で買うことが出来ます。これはかなり効果があります。温湿布や冷湿布の問題がありますが、この湿布はどちらにも使う事が出来ますので便利で、価格も手頃で安心です。冷える人は、温めることが一番の対処法になります。毎日の食事で腸内の細菌を抑える事と、体を冷やさない事が特に大切になります。

ぎっくり腰を起こした時のストレッチ法

ぎっくり腰を起こしやすい時期は、お正月と6月の梅雨、また年末と言われています。これらの時期は、掃除などで重いものを運ぶ機会が多いことや、帰省などで長時間車や電車に座り続けたり、また寒い時期は腰に負担がかかりやすいために、ぎっくり腰を起こしやすいと言われています。
ぎっくり腰を起こした時は、楽な姿勢をとったり、ストレッチが効果的です。具体的なストレッチ方法としては、まず仰向けに寝て、両膝を90度に曲げます。そして、両膝を揃えたまま、右または左、どちらか一方に倒します。倒しやすい方向は人それぞれだと思いますが、倒しやすい方を見つけ、その方向へ3回ほど倒して元に戻す、という動作を繰り返します。ポイントは、腰を中心に、足の重みで重力に引き寄せられて、膝が倒れるのをイメージします。硬さを感じてそれ以上動かなくなってしまったら、しばらくそのままで静止します。そして、ゆっくり息を吐いて、力を抜きましょう。脱力することが大切です。このストレッチを行うことで、ぎっくり腰の改善が期待できます。

ストレッチ方法

誰でも発症する可能性があるぎっくり腰

腰痛の持病がない人でも身動きが取れないほど突然の強い腰の痛みに襲われることがあります。
それは「ぎっくり腰」と呼ばれるもので、重い荷物を持とうとしたり急に腰を捻ってしまうことがきっかけで発症することが多いですが、その他にも洗面所で顔を洗おとして前かがみになった瞬間やくしゃみをした瞬間、布団から起き上がった瞬間などといった日常生活の何気ない動作によっても発症します。
発症するきっかけは様々ですが、共通した原因として瞬間的に腰や腰の周辺の筋肉に負担がかかることにあります。
したがって予防は腰に負担がかからないような姿勢を心がけることがポイントです。
ぎっくり腰を発症してしまった場合には、整形外科などの医療機関へ早めに行き治療を行います。癖になってしまい繰り返して発症することもありますのでしっかりと治しておくこと、そして暖かい時期に比べて寒い時期はぎっくり腰になりやすいので、腰を温めるのも予防に繋がります。

腰痛対処法

ぎっくり腰はとにかく安静にしていれば痛みが治まります

腰痛は大きく2種類に分けられます。一つが(慢性腰痛)で痛みはあまり酷くないものの痛み長くしつこく慢性的に続くという特徴があります。もう一つが(急性腰痛)で激しい痛みが突然起こるもので、これを一般的にぎっくり腰といいます。ぎっくり腰は四十肩や寝違いなどと同じく通称で病名ではないのです。そこで医学的にはぎっくり腰とは急性腰痛症や突発性腰痛症と呼ぶのです。
さてぎっくり腰の原因はよく分かっていないのが現状で、ぎっくり腰になった人の数だけ原因があるともいえます。なぜなら検査をしても椎間板や骨格組織にも異常が見当たらない上、神経痛も発症しないからです。
そのぎっくり腰の対処法ですが、ぎっくり腰は7-10日程で痛みが引くと言われています。最初の2.3日間は「とにかく痛みが強くなることは避ける」ことが重要です。特に痛みが強くて動けないなら安静にして2.3日寝て過ごすことが一番です。無理して病院に行くのではなく市販の痛み止めの薬を飲み、湿布薬を貼り、2.3日安静にして痛みが多少和らいでから病院に行く方が良いです。あまりに激痛で病院に行くことも困難な場合に無理は厳禁なのです。

touch

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  おすすめ記事

マッサージ
激痛がはしる突然のぎっくり腰になったら

目次1 突然激痛が起こるぎっくり腰の治し方2 ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法3 治療料金4 ご相談・申込はこちら 突然激痛が起こるぎっくり腰の治し方 現代人は運動不足の人が増え、それに伴い腰痛で悩む人も増えています。腰痛は、ひどい状態では立ち上が …

ストレッチ3
【なるほど】楽になるぎっくり腰の治し方体操、痛みが即日緩和

目次1 ぎっくり腰の痛みを改善する効果的な体操2 ぎっくり腰体操よりも効果ある深層筋療法について ぎっくり腰の痛みを改善する効果的な体操 ぎっくり腰は辛いものです。早く治すことが何よりですが、身体が痛いため、ゆっくりと痛みをやわらげる努力をすることが …

no image
ぎっくり腰、腰痛激痛で動けない場合も深層筋療法で即日緩和

目次1 動けないぎっくり腰の治し方について2 ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法3 治療料金4 ご相談・申込はこちら5 ぎっくり腰の自宅で出来る治し方 動けないぎっくり腰の治し方について 急に重い物を持ち上げたり、同じ姿勢でずっといるとぎっくり腰にな …