ぎっくり腰、腰痛治療なら吉祥寺スーリヤ接骨院

三鷹・東京・武蔵野市支持率NO.1アクセスも抜群!

    2017/01/26


武蔵野市で保険治療可能な接骨院を選ぶコツ

接骨院とはどんなところなのか

接骨院とは、「柔道整復師」という国家資格を持つ先生が治療に当たってくれる病院です。この柔道整復師という国家資格は、日本の格闘技である「柔道」から本来発達したものであり、その激しい格闘から骨折・脱臼・捻挫といった怪我を負うことが多い柔道家の回復のための技として、独自の治療法が発展してきたものです。厚生労働大臣認可における専門学校・大学などで専門知識を身につけて、卒業と同時に財団法人柔道整復研修試験財団の行う国家試験の受験資格が与えられ、その合格率は約70%(全国平均)と狭き門となっています。古い時代から柔道家自らが柔道整復術を身につけることが多く、柔道場のすぐ近くには接骨院が多く存在しています。現在では、柔道整復師の専門学校などが全国的に増えたため、国家資格を持っていて柔道未経験の先生も少なくありません。
接骨院ではレントゲン撮影はなく、薬の処方もありません。それを補うだけの診断力や治療技術を柔道整復師が持っており、人間本来の自然治癒力を最大限に引き出す施術を行います。故障部位のみを集中的に治療するのではなく、身体のすべての部位は繋がりがあるという考えから、身体全体のバランスも見ながら施術をしていきます。スポーツなどが盛んに行われ、激しい動きによってはケガや障害を生じるケースも少なくなく、様々な症状に対応した治療を提案してくれています。関節や筋肉の知識に優れている柔道整復師が在籍しているのが特徴であり、専門性の高さから療養費もネックとなりやすいのが実情として挙げられています。
気軽に利用できる雰囲気や空間を提供しているものの、施術を受ける場合には健康保険の適用外となるケガや障害などもあるため、足を運ぶ際には注意が必要となります。また、病院などのドクターと異なり、柔道整復師として薬の投与や手術などを行うことはなく、ケガは手技などによって緩和あるいは完治へと導いてくれます。

接骨院と整骨院の違いについて

接骨院と整骨院は、どちらも必要となる国家資格は柔道整復師と共通していて、保険についても適用可能です。しかも、双方ともに柔道整復師の施術所でもあることから、骨折や捻挫が治療できるのも同じです。
接骨院と整骨院の違いは、法律的に認められているかどうかと言えます。接骨院の名称は法律的に認められており、開業の際に名前を入れても問題ないです。ですが、整骨院は法律では認められておらず、認識するかどうかは、各地の行政や都道府県の判断に委ねられることになっています。各地域で整骨院という名を入れている医院は、どういう治療を受けられる場所なのか、わかりやすいのが利用している理由です。ただ、整骨院で従事する人は正しく医学を学び国家資格を取得した、柔道整復師の1人です。治療を受けても特に問題ありません。
施術所の名前については、ほねつぎと柔道整復院、または接骨院なら使用できます。そして、国家試験の問題の中に整骨院を名称に活用すると違法という問題が出たと想定されます。新規に事業を開始する時は、保健所に必ず開設届を出してチェックを受ける必要があります。届け出た名称が大丈夫と保健所が判断した際は、その名前で開業することが可能です。

保険治療のポイントと注意事項

接骨院では、どんな症状時に保険利用できるかということが気になる方も多いでしょう。「腰痛がひどくて日常生活を送るのがつらい」「肩こりの症状を緩和したい」という思い接骨院を来院したいものの「自費」扱いとなるか「保険適用」となるか迷ってしまいがちです。そこで気になる保険適用のケースをご紹介します。
例えば、「歩いてたら不意に転んだ時に起こったとき」「スポーツ中に生じたケガ」「掃除中に起きた関節痛の痛み」などです。
骨折、捻挫や肉離れ、脱臼をしたときも適用されます。反対に、適用されないのは単なる日常的な疲労性からくる肩こりや筋肉疲労などです。つまり「急性の外傷と悪急性の外傷」に対して適用されるということです。急性の外傷とは急激な外力がきっかけで生じたケガ、亜急性外傷とは反復的、継続的な外力がきっかけて生じたケガのことです。また、労災保険が適用となる通勤や通学途中のケガには適用されないので注意しましょう。迷いが生じたときには「傷めるきっかけはあったのか?なかったのか?」ということ自分自身で再確認してから、自分の症状に対して「保険が適用になるのか?どうなのか?」を接骨院に問い合わせてみるとよいでしょう。目安となることは、打撲、捻挫、挫傷などの健康トラブルであり、ポイントとなるのが出血を伴う外傷が除かれる点です。また、骨折や不全骨折をはじめ、医師の同意が必要となる脱臼なども保険治療で安心したかかり方ができます。また、キッカケとなる負傷原因がはっきりしていることも適用の目安でもあり、例えば、筋ちがいやぎっくり腰などの傷みのキッカケが明白となる場合に保険による治療を進めることが可能です。日常生活による肩こりや腰痛をはじめ、スポーツなどによる肉体疲労を改善させるマッサージ療法なども提案しているものの、こうした治療においては適用されないため、治療前には相談することも重要となります。

必ず健康保険証を持参して提示すること

ぎっくり腰などでは負傷原因として、いつ・何処で・何をしてなど、正確に伝ることが大事で、保険治療を可能とする判断材料となります。
◎外傷性の捻挫
◎打撲
◎挫傷(肉離れ)
◎骨折、脱臼の応急処置
(応急処置の場合以外は、予め医師の同意書が必要)

自費施術と違う保険施術とは

保険施術とは健康保険が適用される施術を意味し、適用するには条件があります。保険を適用して施術を受けたい場合は、整体やマッサージでなく整骨院や接骨院で施術を受けることが前提となります。適応される症状は、骨折や脱臼、打撲や肉離れを含む捻挫で、骨折や脱臼の場合は緊急時をのぞきあらかじめ医師の診察を受ける必要があります。上記以外の症状、例えば慢性的な肩こりや筋肉疲労といった症状は保険の適用外になるため、費用は全額時尾負担となります。また、同じ症状で複数の場所で施術を受ける場合は、一箇所しか保険は適用されないため注意が必要です。支払い費用については、整骨院や接骨院のスタッフが患者の代わりに保険請求を行う場合が多いため、施術の前後に必要書類に患者のサインを記入する必要があります。
また、保険施術は少ない負担額で施術を受けることができるというメリットはありますが、施術方法が限られてしまいます。そのため、慢性的な肩こりに悩んでいる人や骨盤矯正を希望している人は保険施術で満足できない場合があります。自費施術は保険施術と比べると金額は高くなりますが、その分個人に合わせたオーダーメイドな施術が可能なため、状況に応じて使い分けるのがいいでしょう。

接骨院に必要な資格と業務内容

接骨院に必要な資格は『柔道整復師』という資格が必要です。これは、柔道の技術のひとつで、体の関節・筋肉・骨等の知識を持ち、筋肉や骨の矯正を行う技術です。柔道整復師の資格をとるためには、養成施設や専門学校で学び、年1回実施される国家試験に合格することです。この国家試験には受験資格もありますし、高い専門性を求められる試験になっています。接骨院の業務内容としては、骨折や脱臼・捻挫・打撲などの治療を行います。この治療には保険が適用されます。

一方「整体」にははっきりした資格はなく、保険適用がありません。専門知識を持たない人が施術をできますすごく腕のいい整体師の方もいますが、整体の場合は自己責任となります。また、よく似ている衣料として「整形外科」がありますが。こちらはレントゲン・手術・投薬によって治療を行います。接骨院は人間の治癒力を最大限に引き出す治療ですが、整形外科は先生の技術ではなく、医術で治療する場所になります。薬の副作用や、レントゲンの放射線を浴びたくないかたは接骨院での治療が向いています。業務として、人と係るお仕事ですので、ただマッサージをするだけでなく、その他に体の調子が悪いとところはないかコミュニケーションをとって、患者さんの健康状態を見抜くことも必要です。

接骨院と整形外科の違いは

接骨院と整形外科の違いがいまいちよくわからないという人は多いでしょう。どちらも「先生」と呼んでしまいますが、実際には全く違うものとなります。
整形外科は国家試験を通った医師が診察を行うものですが、接骨院は医師ではなく、柔道整復師が治療を行うことになります。柔道整復師も国家資格ではありますが、できることは医師とは全く違うものになります。医師は手術や薬の処方、レントゲンやMRIを使った検査を行うことができますが、柔道整復師はそれらを行うことは出来ません。接骨院と整形外科の両方で同じことができるとしたら、電気治療だけになります。接骨院では手術ではなく、「非観血的療法(ひかんけつてきりょうほう)」と呼ばれる技法で、整復や固定を行います。人間はもともと怪我や病気を自分で治すことができる自然治癒力を持っているのですが、それを最大限に引き出すための施術を行っていくのが柔道整復師であり、接骨院ができる治療だということができます。きちんと検査をし、痛みの原因をはっきりとさせたいというような場合には、整形外科に行く必要があります。
骨折やねんざ、打撲と言った同じような症状の治療を行う接骨院と整形外科の違いは、このようなところにあります。

ほねつぎ・鍼灸院の違いは

ほねつぎ・鍼灸院の違いとしてまず挙げられるのは、これらの施設で患者に施術を行う人が持っている資格です。ほねつぎは整骨院や接骨院などとも呼ばれますが、ここで施術を行う人はみな「柔道整復師」と呼ばれる資格を持っており、鍼灸院で鍼治療にあたっている人は「はり師」と「きゅう師」の資格を持っています。どちらも根拠となる法律が存在する国家資格であり、取得をするためには養成施設での勉強を経て国家試験に合格しなければなりません。はり師ときゅう師はそれぞれ独立した資格ですが、両方一緒に取得できるようにカリキュラムを組んでいる養成施設が多く、中にはあん摩マッサージ師も含めて3種類の資格を一度に取得できるようにしている施設も存在します。
また、ほねつぎと鍼灸院では健康保険の取り扱いについても若干の違いがあります。会計のときに施術料金の自己負担分だけを支払い、保険者が負担する分は施術を行った国家資格者に請求事務を委任するという形をとるのはどちらも一緒ですが、保険診療を開始できる要件が異なります。ほねつぎでは緊急ではない骨折や脱臼の治療をおこなう場合のみ医師からの同意が必要ですが、鍼灸院ではどんな治療であっても医師から同意書か診断書の交付を受けなければ保険を適用させることはできません。

整体、カイロプラクティック違い

身体の痛みを改善するために、整体とカイロプラクティックのどちらに通ったらよいのか迷っている方はいらっしゃいませんか。整体、カイロプラクティック違いについてご紹介しましょう。整体のもとは中国発祥の推拿(すいな)という治療法で、筋肉をほぐしていく施術です。気や血の巡りを良くして自然治癒力を高め、症状を改善していく東洋医学をもととする民間伝承です。背骨を矯正して骨のずれや歪みを正し、痛みやコリのある筋肉を手技でほぐしていきます。肩こり、首痛、腰痛などに効果があるほか、骨格が矯正されるので筋肉や内臓のバランスを整える効果もあります。カイロプラクティックは、アメリカが発祥です。カイロは手技という意味のギリシャ語で、西洋医学による医学的根拠に基づいて考えられています。こちらは筋肉をほぐすのではなく、圧迫されている神経を整える施術です。肩こり、首痛、腰痛などに効果があるほか、神経系の機能が回復するので自律神経系の症状が改善されたり、胃・腸・子宮などの内臓、甲状腺のトラブルなどの症状にも効果が期待できます。手技だけでなく、特殊なベッドや機械を使用することもあります。

どちらも背骨を中心に身体を整えていく治療法ですが、日本ではどちらも開業するにあたって資格は必要ありません(カイロプラクティックは海外では資格が必要)。どちらに通うにしても、評判や口コミなどで良い施術師を選ぶことが大切です。

領収書を受け取ること

さらに治療費が高額となるケースもあるため、医療費控除の申請を行う手続きに役立てることが大事です。実際に治療を受けた内容が正しいものであるのか否か、負傷個所は同じなのかなどを必ず確認した後、署名することも治療を受ける側の注意事項となります。保険治療外となる治療にも力を入れており、打撲や捻挫などの治療後のアフターケアとなるマッサージや、交通事故などによる後遺症をはじめ、リュウマチや関節炎などの神経性の痛みなどにも対応してくれます。負傷原因がはっきりしないのにおいても、痛みがどの部分から引き起こされているのかなど、時間を掛けてカウンセリングあるいは検査を行い、一人一人に最適となる治療方針を固めてくれるため、長期治療にならず、早い完治へ結び付けてくれます。

健康のトラブルは接骨院で治療

都会の便利さと、自然との調和から老若男女問わず、沢山の方々が暮らしており、スポーツ施設などが数多く展開されているため、自然とケア施設も充実しています。主に、日常生活や労働、スポーツにより発生してしまう健康への治療を専門的に提案しており、特に治療では様々なことに対応できる知識と技術、実績に優れた施設となります。治療のみならず、緩和や改善、予防や処置などまでが提案されており、トラブルに強みを持つプロフェッショナルな柔整師が携わってくれます。例えば、捻挫は靭帯の外傷を指していますが、関節を構成する関節包または靭帯や滑膜部分が捻れてしまっている状態を指しており、老若男女問わず起こりやすいケガの1つです。また、足首や手首のみならず、肘や膝などの部分でも起こりやすく、捻挫癖に結び付く体質の方もいるため、早めの治療が大切です。アイシングやテーピング、包帯などで固定して炎症を緩和させた後、運動などのリハビリを行います。また、打撲は激しく強打するなどして発症するケガの1つですが、自然治癒力を生かし、湿布や包帯で圧迫固定などの施行を行ってくれます。さらに脱臼は、関節を構成している関節端が不完全に転位してしまうケガの1つで、骨と骨を結ぶ部位であれば何処でも起こり得るために一刻も早く元に戻すことが大切となります。それは関節部の痛みや変形、膨張などが挙げられており、関節を軸にした部位が正常に動かせないケガです。肩回りなどは日常で使う部位でもあり、長期固定が難しいケースも増えていますが、部位の回復期は半年程度の時間が必要となることから、応急処置のみならず、再発防止や損傷部の早期回復を目指したアフターケアに励んでくれます。日常生活で起こりやすいケガや障害に対して、丁寧なカウンセリングを行い、原因をしっかり把握した上で施術に移ります。柔整マッサージ療法となる手技を駆使するだけではなく、電気・温熱・テーピング・ウォーターマッサージ療法など、様々な治療方法を巧みに使い分け、カウンセリングから導き出した一人一人に応じた治療を行ってくれます。根本からの完治を目指すため、同時にトレーニングを組み合わせることも重要視しており、痛みを改善するためには症状に合わせた筋肉強化が必要となります。柔道整復師と呼ばれるプロが携わることは、骨や筋肉などの知識や技術に優れているために専門性の高いケガの完治は可能となります。

接骨院の適応症状と保険診療の範囲

接骨院は国家資格の柔道整復師の資格取得者による治療が受けられる治療院です。接骨院の適応症状には捻挫や打撲、骨折などがあり、肩こりや腰痛、肋間神経痛などの治療も受けられます。スポーツ障害の治療も得意としており、テニス肘や野球肘、格闘技による打撲などの治療も可能です。接骨院の適応症状は整形外科と重複するものが多いですが、医師の許可があれば整形外科で治療を受けながら、接骨院でも治療を受けることは可能です。
接骨院は医療機関ではないため、医療行為に該当する行為は一切行われていません。レントゲン撮影は医療行為に該当するため、骨折などの治療でレントゲン撮影をすることが必要な場合は、整形外科の病院でレントゲン撮影をすることが必要になります。
接骨院は医療機関ではありませんが、一部の治療は保険適用になっており、健康保険証を持参すると保険診療で治療が受けられます。保険診療が可能なのは、骨折と不全骨折、脱臼と捻挫、打撲と挫傷になっており、この6種類の治療に関してのみ、保険診療が可能です。よって、慢性的な肩こりや腰痛などの治療は保険適用外になり、治療費は全額自己負担になります。マッサージなども保険適用にはならず、治療費の全額は自費で負担することになります。

知っておくと安心!接骨院の交通事故治療

思いもよらぬ交通事故に合ってしまい体の痛みや不調に悩まされているという方は、そのままに放置せずに正しい治療を行うことが大切です。
交通事故治療を行えるのは、クリニックだけではありません。
接骨院でも安心の交通事故治療が行えるので、信頼できる接骨院を探して正しい治療を行っていきましょう。
接骨院の交通事故治療では、交通事故に夜後遺症治療が行えます。
柔道整復師などがいる接骨院では、専門家による本格的な交通事故治療が受けることが可能です。
捻挫や打撲、むちうちなどの症状で悩んでいる方は、柔道整復師などの専門家がいる接骨院を選ぶといいでしょう。
しかし、医師が行う医療行為を受けることはできません。
あくまでも医療類似行為となっているのが接骨院の特徴です。
しかしながら、実際に接骨院で治療を行った方の中には、交通事故により見舞われてしまった辛いむちうちの症状が大きく改善したという方が多くいます。
さらに、理学療法士などがいる接骨院もあるため、こういった接骨院を選ぶことで改善効果を期待することができるでしょう。
接骨院で治療を行う際には、事前に整形外科医の通院の同意を得てから接骨院の交通事故治療を受けると安心です。

自賠責保険の適用で治療を受ける

初めてマイカーを購入する際、必ず自賠責保険に加入するものですが、自賠責保険の適用についてはあまり詳しく理解されていないというのが実情です。
交通事故というのは、どれほど自分が意識的に気をつけていても完全に予防できるわけではなく、思わぬタイミングで事故に遭ってしまう恐れがあります。
そのため、自賠責保険に加入してもしもの時のために事前対策しておくというわけです。
そして、意外と知られていないのが保険制度を利用することにより、接骨院で治療を受けることが無料になるのです。
ただし認識の違いに注意しなければならないのは、自分自身や家族を守る目的があるわけではなく、怪我をさせてしまった相手に対して適用されます。
こうした面のみを耳にした場合、自分たちには全く良いところが無いと感じられてしまうのですが事例によって異なります。
それは、自賠責保険の適用についてしっかりと理解していくとわかるのですが、交通事故の原因が相手にある場合は自分にも適用させられるというわけです。
つまり、他車が一時停止違反などで自車にぶつかった時などは制度を活用して接骨院などに行くことが可能です。
もちろん、施術に際して必要になるお金は無料です。

交通事故による障害が起る部位について

車社会において誰でも引き起こし、引き起こされる可能性があるのが交通事故です。最悪の場合は死に至り、たとえ生存しても後遺症が残る可能性も高いです。物凄い勢いで追突されるならともかく、たとえ遅いスピードで追突されたとしても、体の部位によっては簡単に後遺症が残ってしまいます。そこで、後々後遺症自体で苦しむことや、それに関する慰謝料などで揉めなくてもいいように、まずは交通事故による障害が起る部位について、簡単に見ていきましょう。
一番後遺症を引き起こしやすい部位と言えば、頚椎です。要は首であり、俗に言うむち打ち症とは、頚椎の捻挫を指します。次に後遺症が残りやすいのは腰椎です。腰椎の捻挫、いわゆるぎっくり腰のような症状が多く、時には激痛を伴います。次いで、ハンドルに胸を強く打ち付けることや、手足などの神経の圧迫などが挙げられます。
通常、交通事故による後遺症というのは、事故の数日後に現れることが多いです。事故当日は驚きと混乱によって痛むことが少なく、それによって病院に行かない人も多いですが、治療が遅れると重症化したり、後遺症による慰謝料を請求できなくなったりする可能性があります。そのため、特に首や腰は入念に診察を受けるようにしましょう。

まとめ

◎負傷年月日、負傷の原因を正しく伝えましょう
捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)、骨折・脱臼(応急手当のみ)以外の怪我
◎同じ外傷の部位について、医療機関の治療と並行して整骨院・接骨院の施術を受けない同じ怪我の治療に、重複して健康保険を使用する事は不可。
◎領収証は必ずもらいましょう。
◎長期間症状が改善しない場合は医療機関を受診

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  おすすめ記事

マッサージ
小金井市で接骨院の往診、訪問治療は国民保険利用可能

小金井市で接骨院の往診、訪問治療は国民保険利用可能 接骨院はよく目にするものですが、そもそもどういったものなのかというのをしっかりと理解している人は少ないです。 いわゆる整形外科や整体との違いについてですが、整形外科は医者が行っているもので整体は国家 …

接骨院
杉並区で接骨院の往診、訪問治療に国民保険を利用する

目次1 杉並区で保険往診、訪問、出張治療について2 医療マッサージとは3 接骨院の往診、訪問治療について4 痛みの最善の治療方法 杉並区で保険往診、訪問、出張治療について 脳梗塞にかかってその後、体の片側に麻痺が残ってしまっている場合や、脳出血などに …

接骨院
東京吉祥寺で保険往診、訪問、出張治療について-1回で効果を体感

目次1 保険往診、訪問治療について2 接骨院での保険往診、訪問治療について3 痛みの最善の治療法4 保険往診、訪問治療往診対象となる方5 保険適用される鍼・灸の対象疾患6 健康保険での往診、訪問治療の流れ7 健康保険訪問、往診治療料金8 健康保険往診 …